最高のオープンスポーツがついに日本上陸

 イギリスが誇る高性能スポーツカー、マクラーレンMP4-12C。その圧倒的なパフォーマンスは以前本誌でもお届けしたが、そのスパイダーモデルが日本で初公開された。搭載されるエンジンはMP4-12Cより出力が向上した625psを発生する3.8L V8ツインターボで、トランスミッションは7速デュアルクラッチを備えるスーパースポーツだ。走行中でも時速30kmまで開閉操作が可能なリトラクタブルハードトップを備え、オープンエアを感じながら高性能の世界を満喫できるという。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

mclaren赤坂のマクラーレン東京での発表会では、既存のMP4-12Cのオーナーにも国土交通省の了解を得ることができれば、MP4-12Cスパイダー用のエンジンへ無償アップデートも考えているという。最高のテクノロジーで最高のクルマを提供するマクラーレンの強い意志が感じられるお披露目だった。なお、日本へのデリバリーは2013年初旬を予定し、価格は3000万円となる。

 (XaCAR編集部・石川)

画像ギャラリー