[編集スタッフブログ] 次期○○○に標準装備される新型AC電源コネクタの威力?

 近々某EVのマイナーチェンジに合わせて、新型の普通充電コネクタが登場するようです。今回はそんなコネクタを製造している矢崎総業さんに聞いた、新型AC充電コネクタのお話。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

yazaki001これがその新型の普通充電のコネクタ。これまでのものとは全く異なります。実はこれ、軽量化とともに人間工学に基づいた非常に操作性の良いコネクタなのです。

yazaki002こちらは従来からある充電コネクタ。見てのとおり、ガンタイプ。充電の接合部分に対して、60度の角度を持っています。実は、この角度があまりよろしくない、というのです。人間というのは、剣で獣を突き刺す、とかフェンシングのような突き刺す行為の際には、比較的簡単に的を狙えるようにできているものなのだそうです。

 新型コネクタではグリップの角度を浅くして、コネクタの接続をもっと容易にしようということです。以前のものでも不便は感じませんでしたが、実際に試してみると断然こちらのほうが挿し込みやすいんですよね。おまけにロックアームなどの金属パーツを樹脂に置き換えるなどで、なんと30%(このコネクタ部分のみで300g)も軽くすることができ、さらにねじ穴もなくなったきれいなフォルムに仕上がっています。

 これから他のEVでも順次採用されていくのでしょうねぇ。皆さんもこの充電コネクタを見かけた時には、ぜひ試してみてください。挿し込みやすさ、実感できますよ。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー