[編集スタッフブログ] 誰でも無料で日産ニューモビリティコンセプトに乗れる!

 日産自動車が11月19日から2013年1月31日までの約2ヵ月強、日産レンタカーを通じて、一般の方でも気軽に、日産の超小型モビリティ「ニューモビリティコンセプト」に乗ることができる実証実験をスタートさせます。これは横浜市との共創プロジェクト「ヨコハマ モビリティ“プロジェクトゼロ”(YMPZ)」の一環。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

nmc01YMPZは、低炭素都市を目指した次世代交通の実現に向け、電気自動車やエコ運転の普及をはじめとした総合的な自動車交通施策のプロジェクトで、平成21年度からの5ヵ年プロジェクト。これまでも、EVパートナーとして商業施設がEVに対するサービスを行なったり、EVカーシェアリングを行なうなどの展開をしています。すでに今回と同様、ニューモビリティコンセプトでの山手・元町エリアでの観光客の移動支援、さらには青色防犯パトロール(横浜市・栄区)や訪問診療・看護(同・金沢区)といった活動を展開してきました。

 ニューモビリティコンセプトは、この6月に国土交通省からガイドラインが発表され話題になっている、超小型モビリティに分類される予定のEV。もちろんまだ発売はされてはいません。将来的には、軽自動車より小さな、新しい車両区分として登録される予定ですが、現在のところ、カテゴリーも免許の分類も決まっていません。今回は軽自動車と同じ黄色いナンバーをつけていますが、これも大臣認証ということで、今回の実証実験期間中だけ装着を認められたものです。

nmc02車両自体は、全長2340×全幅1230×全高1450mmというサイズで、前後二人乗り。最高速度は約80km/h。一充電あたりの航続距離は約100kmとなっています。これを実際に公道上で、自らの操作で走行する機会ができたわけです。

 実際に利用するには、普通免許保持者で、利用後にアンケートに答えることができるという条件で、日産レンタカーのホームページで会員登録すればOK(利用は無料!)。車両の借り出しは期間中の午前(10時~13時半)もしくは午後(15時半~19時)のひと枠1回3.5時間で使用が可能。貸し出しステーションは、日産本社ギャラリーステーション、赤レンガステーション、元町・中華街駅ステーションの3ヵ所。各ステーションに3台(赤レンガのみ2台)の合計8台の車両が配備されています。走行可能エリアは、横浜駅東口から、みなとみらい地区、関内、山手元町のエリアで、高速道路および自動車専用道路は走行不可ということです。

 近々、横浜観光を考えているあなた、ぜひ乗ってみては? なかなかこんな機会ありませんよ!

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー