【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑤】内外装に新色追加!

 新しくなった日産リーフ。しかし、外観のボディ形状的には全く変更がありません。強いて挙げれば、ヘッドライトが識別ポイントといえるでしょう。LEDヘッドライトにはブルーリフレクションが付いています。新しく追加設定されるエントリーグレードSとXグレードには、ハロゲンヘッドライトが標準装備(LEDヘッドライトをオプションで選択可能)されます。

【関連記事】意外な車種にも存在した! 女性感涙の「ピンク」のボディカラーをもつクルマ11選

leaf005_1わかりやすいのはホイールです。これまで16インチアルミ1種類のみの設定でしたが、今回Gグレードには、軽量化と空気抵抗を低減させた17インチのEV専用ホイールを設定。SおよびXグレードには16インチのホイールカバーとなります。これまでの16インチアルミはXグレードにオプション設定となりました。さらにディーラーオプションだったフォグランプは、Gに標準装備となりました。

leaf005_3内装では、黒内装が追加されました。これまでのスエードタイプのエアリーグレーに、同じくスエードタイプの黒がGおよびXグレードに設定され、本革黒内装もオプションで選択が可能になります。Sグレードでは織物タイプの黒内装が設定されているので、合計4種類の内装がラインナップされることになりました。

leaf005_5ボディカラーでは新色3色(ダークメタルグレイ、ブリリアントホワイトパール、ホワイト)が追加され、代わりにホワイトパールは無くなりました。2色追加の全7色の展開です。

leaf005_2中身の進化に対して、見えるところがあまり変わっていない。これって雑誌屋泣かせ。ザッカーで常に追いかけている、同じメーカーのあのクルマ、みたいですね。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー