[編集スタッフブログ] 日本カー・オブ・ザ・イヤーはCX-5、特別賞は86&BRZに決定

 11月29日に開催された2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会で、今年のイヤーカーが決定した。下馬評では、今年初めて輸入車のBMW3シリーズがくる可能性もあると言われたが、BMWの票は3位にとどまった。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

cotymazda第33回イヤーカーを射止めたCX-5とマツダのみなさん

cotybmwインポート・カー・オブ・ザ・イヤーのBMW3シリーズとみなさん

 第33回のイヤーカー投票では、マツダCX-5が363票を獲得、トヨタ86&スバルBRZは318票だった。BMW3シリーズは282票を獲得してインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。そして実行委員特別賞には86&BRZが選ばれた。10ベストカーの得票順は次のとおりだ。

①マツダCX-5              363票
②トヨタ86&スバルBRZ         318 票
③BMW3シリーズ             282票
④レンジローバー・イヴォーク      218票
⑤フォルクスワーゲンup!         152票
⑥スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 68票
⑦シトロエンDS5             51票
⑧アルファロメオ・ジュリエッタ      29票
⑨日産ノート               10票
⑩ホンダN BOX/N BOX+           9票

cotytoyotasubaru 実行委員特別賞の86&BRZとトヨタ/スバルのみなさん

 このイヤーカー選考前に、面白いデータもある。Yahoo!JAPANが行なった「あなたの選ぶ今年一番のクルマは?」というアンケートでは、86&BRZが1位、CX-5が2位、3位にはN BOX/N BOX+という順位。

 いずれにしても久々のFRスポーツカーとして話題になった86&BRZと、新開発のクリーンディーゼルCX-5に関心が集まったのは、一般の人と日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員の考えは一致している。軽自動車は、同じ土俵で比較するのは、とても不利だという結果でもある。

 本誌も参加している実行委員会が選ぶ特別賞には86&BRZが選ばれた。これだけの話題を振りまいた86&BRZには、もうひとつ何かの賞を差し上げたい気分。イヤーカー決定…いよいよ年末ですね。風邪ひかないでクルマを楽しみましょう。

 (XaCAR編集部)

画像ギャラリー