[編集スタッフブログ] フジクラが急速充電器コネクタのニューモデルを発表

 エコプロダクツ2012に出展のフジクラ・ブースでは、12月7日に発表されたばかりの新しい、急速充電器用リードケーブル付き充電コネクタが登場していました。フジクラの急速充電器用コネクタといえば、コネクタ上部にロックレバーの付いたものをよく見かけます(現在、フジクラ製のコネクタを採用している急速充電器は、高岳、ニチコン、そして日産等)が、ほかにも三菱のMiEV power BOXのコネクタなどもフジクラ製です。

fujikura01新しいモデルのポイントは、コネクタ部だけで2㎏以上あった重量を、半分以下の1㎏に抑えている点です。片手でコネクタ着脱が可能な完全ワンプッシュ方式を採用しています。軽いので非常に操作が楽です。右手でコネクタを差し込んで、さらに左手でロックレバーを押し上げ、とこれまでは両手を使わなければならなかったので、使い勝手も大幅向上です。

 また、この軽さもあってかコネクタがリリースされる反発力も強く、解除ボタンを押した際の戻り具合が非常に秀逸です。グリップ部分には通電の際にLEDイルミネーションランプが点灯するので、充電中の表示として確認が可能です。解除ボタンにも夜光樹脂を採用していて、暗がりでの操作性も向上させています。

fujikura02発売は2013年2月予定。バリエーションも用意し、カラー対応するとしています。またV2H(家車間の充放電)用のコネクタとしても、このデザインのコネクタを使用した専用モデルを検討中とのことです。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー