[編集スタッフブログ] JEVRA4年目となる2013年シーズンも盛り上がること間違いなし?

 2010年にシリーズが発足した全日本電気自動車グランプリ(JEVRAシリーズ)。着実にエントリー台数を伸ばしながら、大きく成長を遂げたEVレースの、2013シーズン開幕戦のスケジュールが発表された。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

jevra014月14日(日)の千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイでの開幕戦をスタートに、全6戦を開催予定。第2戦以降は現在調整中、また詳細なレギュレーションもこの後に発表予定となる。昨年は袖ヶ浦での3戦に宮城県・スポーツランドSUGOと静岡県・富士スピードウェイを組み込んでいたが、今年も袖ヶ浦のコースを中心としたスケジュールになる見込みだ。

 また、併催するEVシングルシーター、EVスクーター、EVカートともに、全3戦を組み込む予定となっている。

 これまでは、主に市販車クラスのテスラ ロードスター、日産リーフ、三菱i-MiEVがシーズンエントリーして戦いを繰り広げてきたが、昨シーズンは、リーフNISMO RCがプロトタイプクラスへ参戦。またシーズン最終戦となる第5戦では、4台ものコンバートEVが参戦し、こちらも表彰台の一角に割り込むほどの実力を見せた。今年もバリエーション豊富でアイデアに満ちた車両による、静かで熱い走りが展開されるはず。

 詳しくはJEVRAホームページまで。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー