[編集スタッフブログ] アトラスF24、電動化への第一歩?

 日産がリチウムイオンバッテリーを、駆動用ではなく荷室の冷蔵・冷凍用に使うという、世界で初めてのトラックの実証実験を行なうという発表がありました。この車両「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」は、日産の小型トラック「アトラスF24」をベースに荷台部分にバッテリー駆動の荷室を設けたものです。

atlasこの1月から1年間、ヤマト運輸のクール宅急便などの集配における実用性を確認するため、神奈川県川崎市内で、このモニター車両の実証運行を行ないます。エンジンの動力を一切使わずに、常にバッテリーからの電力だけで冷蔵冷凍荷室を稼働させます。エンジン負荷がなくなるため車両燃費の改善、さらには、冷蔵冷凍機の出力がエンジンの回転数に左右されないため、温度管理がしやすいというメリットもあるという。キーオフの時間が長くなっても冷蔵冷凍を維持できることから、クール宅急便そのものの品質維持にも良いというわけです。

 実証実験期間中の2013年初夏には、この「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」の標準モデルも日本国内で発売予定、ということも発表しています。

nt40002昨年のCEATECに出展されていた電気トラック「e-NT400アトラス・コンセプト」

 EVの商用車展開を目論む日産自動車ですが、実証実験を繰り返し展開中の小型商用バン、NV200バネットの電気自動車「e-NV200」は2014年中には市場投入。さらには電気トラック「e-NT400アトラス」、「アトラスF24給電車」というモデルも市販化を計画中です。

 この商用車展開によるシナジー効果で乗用のEVのほうも、低価格で幅広い車種展開がされるといいですね。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー