[編集スタッフブログ] 「カメラマンはつらいよ!」その1

 カメラマンはスタントマンでもありますよ

 XaCARだけでなく、クルマ雑誌の読者はお気づきでしょうが、さまざまなアングルでクルマの写真が撮られています。編集部はカメラマンと相談して、どんな撮影をするか決めますが、変化のある写真を撮ろうとすると、カメラマンはスタントマンのような姿勢で、カメラを構えることも多くなります。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

kami1この撮影は、サーキットで「走り」の撮影風景です。業界用語では「引っ張り」、英語では「CAR TO CAR」といいます。撮影したいクルマと一緒に走りながら撮影をするスタイルです。リアゲートの開くクルマをカメラカーにして、カメラマンが荷室に腹ばいになり、カメラを構えます。この姿勢でサーキットを走るわけです。もちろん、ベルトなどを工夫して安全には十分気を使っています。もちろん、公道ではやりません。

 意地悪な編集スタッフ(?)は「速く走っている臨場感が欲しい」などの注文を出します。そうなると、ある程度のスピードで走り回ることになります。この姿勢で、サーキットを走り回るとどうなるか? 健康なひとでも、後ろ向きの姿勢でサーキットを走ると、当然ながら「車酔い」が激しくなります。カメラマンは必死でシャッターを押す、という「仕事」もしなくてはなりません。

kami2今まで何人のカメラマンが、クルマから下りて、そのままトイレに直行したことでしょうか。それでも同じ仕事の注文をしても、カメラマンは「大丈夫です」といいながら受けてくれますが、顔は引きつっています。

kami3この写真のカメラマンは本誌でお馴染みの神村さんです。なぜか、この人は、どんなスピードで走っても平気な顔をしています。その秘密は??

 (XaCAR編集部)

画像ギャラリー