[編集スタッフブログ] 急速充電器の充電有料化、続々?

 先日、首都高速・大黒パーキングに立ち寄った際ですが、なんと、急速充電器が撤去されていました。「これはどうしたことか?」と慌てましたが、実は新しい充電器への設置換え工事をしていたところでした。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

daikoku01大黒パーキングは、首都高速神奈川5号線と高速湾岸線の合流部分の大黒ジャンクションの中にあり、ベイブリッジを眺めるのにも丁度良いパーキングエリアです。クルマやバイクのミーティングなどにも使われてきましたから、今さら説明するまでないですよね。

 そのパーキングエリアには、ずいぶんと早くから急速充電器が設置されていました。当初は50kWタイプでしたが、つい最近までは30kWタイプの充電器でした。日産リーフが登場した際には、多くのメディアに露出された充電ポイントでもありますね。

 現在工事中ですが、予定では3月29日午後6時以降は使用可能となるとのことです。

daikoku02さて、首都高速ではこれまでは充電料金は無料だったのですが、つい先日、『「チャデモチャージ」と提携』というリリースが出され、有料化への第一歩に踏み切るようです。まずは会員制(有償)充電ビジネスの事業性確認実験としてのサービスを開始することになります。登録だけで、平成25年度いっぱいは充電料金は無料ということだそうですが…。

「チャデモチャージ」とは充電網整備推進機構が進めているEV用急速充電サービスのことです。

 もちろん、この大黒PAでの急速充電器のリニューアルは、この認証にも対応するモデルになるわけですね。

 今後、EVへの充電には、このチャデモチャージに入会していることが条件となるようです。充電器側に、事前の登録で郵送されてくるカードをかざす必要がありますが、その場でQRコードを読み込むことのできる携帯からの入会(クレジットカード番号が必要)も可能とのことです。

daikoku03リリースによると、今度の充電器は、より軽量の充電コネクタを備え、かつ音声案内が付いた新型ということです。基礎から作り直し、と「軽量充電コネクタ」採用。「もしかして、あれかしら?」と、急速充電器マニアとしては、ちょっと楽しみな春だったりします。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー