ワゴン並みの広さを備えた3シリーズグランツーリスモ

 美しいクーペスタイルに広々として室内空間を備えて、居住性を高めた3シリーズグランツーリスモ。リヤゲートをもつ5ドアハッチバックだ。

【関連記事】BMW 8シリーズグランクーペの限定車「コレクターズエディション」が発売! 特別なボディカラー&インテリアカラーを採用

BMW 3シリーズグランツーリスモ 走り画像

BMW 3シリーズグランツーリスモ エンジン画像
エンジンは2L直4ターボの出力違いが2種、そして写真の3L直6ターボという3本立て。オススメは直6だ

 走りは、3シリーズと名乗りながらもツーリングボディ比較で全長+200mm、全幅+30mm、全高+50mmと拡大されたパッケージなので、鈍重な動きが出ていると予想した。だが、ワインディングでのハードなスポーティドライブやツーリングボディとの直接比較をすればわずかに違いも発見できただろうが、単独試乗する限り違和感はない。

BMW 3シリーズグランツーリスモ ラゲッジスペース画像
荷室容量は520L(ツーリングに対して+25L)。後席は4:2:4の分割可倒式で最大1600Lまで容量アップが可能

 むしろ110mmも長くなったホイールベースと約50kgも重くなった車両重量の効果だろう。クルマ全体の動きに穏やかさがでて、5シリーズ並みのしっとり感や上質さ、安心感や安定感を体感できるのが魅力。60mmも高められたシートポジションの見晴らしのよさと相まって、優雅に心地よく移動できる。

BMW 3シリーズグランツーリスモ リアスポイラー画像
速度に応じて自動でせり上がるアクティブ・リヤスポイラー。上がる高さは70mmほどで後方視界を妨げない

 気になるのは、走行音が広い室内で若干反響すること。ホイールハウスとフロントフェンダーを繋ぎ空気抵抗を低減するエアブリーザーが、雨の日の水切り音を大きくすることだけだ。

BMW 3シリーズグランツーリスモ タイヤホイール画像
ホイールハウスの空気を放出して乱気流を抑え空気抵抗を減らすエアブリーザー
諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー