世界のベンチマークとしてさらに進化した7代目ゴルフ

 ゴルフ7の完成度は完璧である。少なくともハードウェアの実力において、このクラスに敵はいないことが今回の試乗を通して確認できた。

【関連記事】「国境」どころか「大陸」を越えた兄弟も! キャラや見た目が違いすぎる「プラットフォーム共用」のクルマ5組10台!

フォルクスワーゲン・ゴルフ 走り画像

フォルクスワーゲン・ゴルフ インパネ製品画像
エクステリアと同様にインテリアもキープコンセプト。ただし質感は大きく向上している。クルコンや自動ブレーキなど安全装備も充実

 試乗車は1.2L TSIエンジンを積むコンフォートライン。最新の先進安全装備に加え、高速走行時の快適性を飛躍的に高めてくれるアダプティブクルーズコントロールが標準で付いている。また、全モデルはターボを搭載する。最高出力は105psだが、1.8L並みのトルクを1400~4000rpmという幅広い回転域で発生するため、実際にドライブしたときの力強さは想像以上。ガンガンまわしていったときの気もちよさはハイラインの1.4L TSI(140ps)におよばないが、高速道路を含め、普段使いでは1.2L TSIでなんら不足は感じない。

フォルクスワーゲン・ゴルフ エンジン画像
エンジンはハイラインが1.4Lターボで、その他グレードは1.2Lターボとなる。1・4Lには気筒休止システムを採用し燃費にも配慮

 乗り心地も上質だ。しなやかさは天下一品。荒れに荒れた路面でも強靱なボディはミシリともいわない。それでいて速度を上げていけばいくほどフラット感が高まり、ワインディングロードでは横Gが高まれば高まるほど路面にピタリと吸い付く絶大な安心感と正確性を発揮する。

 もっとも驚いたのは静粛性だ。エンジン音はもちろん、タイヤから伝わるロードノイズが圧倒的に小さい。その結果、ゴルフ7は圧倒的な静かさを手に入れたのである。プレミアムの民主化。口でいうのは簡単なことだが、いざ実現するとなるとそこには途方もない壁が立ちはだかっている。それをやり遂げたゴルフ7には是非一度試乗して実力を味わって欲しい。

  

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー