スポーティな走りでグリップの質の高さを感じるPOTENZA RE-11A

【関連記事】関係性はドコに? タイヤメーカーがゴルフギアを手がけるワケ

ブリヂストンPOTENZA RE-11A 商品広報画像 ハイグリップ系スポーツタイヤといえばポテンザ。その血統はぶれることなく、スポーツ路線を突き進んできた。そのシリーズでもっともホットなRE-11が、さらなる能力アップを遂げ『RE-11A』へと進化した。

ブリヂストンPOTENZA RE-11A 走行画像 まず気になったのが、高速の巡航走行では存在感のある、ハイグリップタイヤ特有のパターンノイズがドライバーに届くことだ。性能と引き換えに納得できるレベルに収まってはいるが、試乗車であるインプレッサWRX STIが標準装着するRE070の音量レベルよりも高めの印象。

 RE-11Aの特性が際立つのは高い直進安定性だ。ステアリングの中立の強さや、中立への戻りの強さであるセルフアライニングトルクの確かさではRE-11Aが断然強くなる。 ステアリングを転舵すると、拳ひとつ分を過ぎるあたりから、唐突ともいえるほどクイックな応答性を示す。ここが標準装着タイヤと大きく異なる点だろう。クルマが曲がり始めてからグリップ感が安定、持続するのも印象的だ。路面を柔らかく捉え、舵角が大きくなってもタイヤ自体の剛性が高まり変形を抑えるという感触がある。少々オーバースピード気味にコーナーに進入しても、アンダーステアが顔を覗かせるどころか、一瞬のスキール音とともにスッとインに吸込まれていく。

 一般公道で見せたこの特性は、より高い限界性能まで追い込めるサーキット走行においても存分に発揮されるだろう。クルマの特性そのものを変えるRE-11Aのポテンシャルの高さが味わうことができた。

画像ギャラリー