ハスラーは見て乗って使ってワクワクする軽自動車

【関連記事】N-VAN vs エブリィ vs ハイゼットの「軽バン」最強決定戦! 圧倒的な荷室が勝敗を分けた

スズキ・ハスラー 走り画像

スズキ・ハスラー
ワゴンRよりも25mm高い最低地上高と、本格派SUVに匹敵するアプローチアングル&ディパーチャーアングルを確保。凸凹道でのバンパー接地を低減する

 ニーズの多様化や、ダウンサイジングユーザーの増加にともない、軽自動車に求められる能力はこの数年で激変した。生活のアシとしての能力はもちろん、デザイン、利便性を高める機能、走行性能とった付加価値をもつことが、群雄割拠のカテゴリーで存在感を主張するための必須要件となっている。そんな軽自動車事情を分かりやすく体現したのがスズキ・ハスラーである。SUVテイストの遊び心溢れるスタイル、どこかに出かけたくなるような楽しげな雰囲気が老若男女にウケている。

スズキ・ハスラー タイヤホイール画像
NA車にのみ5速MTの設定もあり! またX系以外に装着されるスチールホイールはボディ色に合わせてガンメタとホワイトの2色を用意

スズキ・ハスラー シフトレバー画像 そんなデザインのキモはなんといってもユニークなカラーリングだろう。スズキ・ハスラーは、2トーンを合わせて全11色のボディカラーを用意している。新色のパッションオレンジはインパネの樹脂パネル、シートのパイピングも同色となり、洒落たムードを演出している。またベースモデルのワゴンRから、最低地上高を25mm高めてSUVらしさを表現。これにともない車高が15mm上がり重心も高まっているが、走に大きな影響はない。むしろアイポイントが高まったことで、運転視界が高まり爽快な運転感覚を実現している。乗り味はワゴンRがもつ街なかで俊敏な動きを優先したものから、より重厚でゆったりしたテイストにセッティングされている。
地道な軽量化によって車重がワゴンR比+10kgほどしかないため、NAエンジン搭載モデルでも80km/h以下の常用シーンなら必要にして十分な性能を発揮する。ターボならNA以上に余裕をもった加速能力を味わえる。動力性能に余裕があるため、キャンプや釣りなど楽しむために遠出してもストレスフリーなドライブが楽しめるだろう。

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー