スポーツカーの原点を追求したエヴォーラS

【関連記事】一見「バカっ速」! 乗ると「遅い」! 想像より「ローパワー」なスポーツモデル4選

ロータス・エヴォーラS 走り画像

ロータス・エヴォーラS リヤ外観画像
エヴォーラSスポーツレーサーは4色のボディカラーから選択可能。光沢のある黒のルーフが視覚的にスポーティかつレーシーに魅せる

 輸入スポーツモデルのなかでも熱狂的なファンが多いロータス・エヴォーラに、スポーツレーサーという新グレードが追加された。ベースモデルから約120カ所におよぶ改良が実施されているというが、走らせてみると各部の立て付け精度の高さと路面とのアタリに、改良の恩恵を実感できる。とくに角の取れた滑らかな乗り味は、どのロータス車とも違うエヴォーラ特有のものといっていいだろう。

ロータス・エヴォーラS エンジン画像
トヨタ製の3.5LV6DOHC+スーパーチャージャーは350ps/400N・mのパワー&トルクを誇る

 エヴォーラに乗るとクルマの操縦性の基本、スポーツカーの動きの基本を改めて確認できる。ステアリングを握る力を緩めるだけで、黙って直進する安定性の高さ。操舵に対して反力が増し、どれだけの舵角を与えているのかを手応えとして感じながら曲がるダイレクト感がその代表例だ。

 トヨタ製のV6エンジンやミッションの制御はロータスの自前。トルコンATの滑らかさもさることながら、スポーツモードに切り変えた際のスロットルレスポンス、変速感やダウン時のブリッピングの完璧な同調は、流行りのツインクラッチを上まわる。

 独創的なアルミバスタブシャーシにFRPボディを組み合わせることで、ライトウェイトスポーツに相応しい軽量ボディを実現。これもファンなハンドリングや優れた安定性を生み出すことに貢献している。

ロータス・エヴォーラS タイヤホイール画像
鍛造アルミホイールに、フロント235/35ZR19、リヤ275/30ZR20のP-Zero CORSAを組む
ロータス・エヴォーラS インパネ画像
パドルシフト付きの6速ATは、GTカーらしい走りが楽しめる。バックビューカメラなども装備
諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー