雪上でも実力を示した史上最強EV テスラ・モデルS

【関連記事】一見「バカっ速」! 乗ると「遅い」! 想像より「ローパワー」なスポーツモデル4選

テスラ・モデルS 外観画像

テスラ・モデルS リヤ外観画像
クーペのような流麗なラインがとても美しい。日本でも6月からデリバリーを開始。価格:823~1081.8万円(消費税8%込み)

 EVと聞くとエコ一辺倒なイメージがあるが、モデルSはモーター動力ならではの瞬発力を武器に、本格スポーツモデルをも凌駕する加速能力を発揮する。この過激なEVスポーツを長野県の八千穂レイクで試乗する機会が得られたので、氷上でどんな走りを見せるのかを確かめた。

 まず、ドライ路面でモデルSをドライブして感じたのは、とにかく走りで人を魅了するクルマだということ。それは加速Gだったり無音の走行性、極めて低重心な安定性による優れたハンドリングと乗り味などがもたらすフィーリングによるものだといっていい。しかし、これはあくまでもドライ路面での印象である。氷上で同じように走れるかと懸念があったが、拍子抜けしてしまうほど普通に走れてしまった。

テスラ・モデルS バッヂ画像
85kWhパフォーマンスモデルは最大航続距離502km、最高速は212km/hを誇る。EVの常識を変える一台であることは間違いない

 トラクションコントロール、スタビリティコントロールといったESC類の恩恵により、416psのパワーを氷上で見事に手なずけている。ESCをオフにしても、車体が一定以上条件でドリフトアングルがきつくなると、強制的にESCが介入する安定志向のセッティングとなっている。

 かくしてモデルSは、氷上をいつもと変わらず、無音のまま涼しい顔をして走り抜けることができる。その潜在能力の高さを実証したというわけだ。

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー