XC60が独自開発の新たな心臓を備えて日本上陸

ボルボXC60 T5 走り画像

ボルボXC60 T5 エンジン画像
4気筒にする理由は従来の5、6気筒よりも環境性能と高性能を高次元でまとめることに成功したためだ

 現在ボルボでは、新パワートレイン戦略である『Drive-E(ドライブ・イー)』を推し進めている。燃費や排出ガス低減など環境性能を最優先課題とし、エンジン効率はもちろん生産効率を高め、環境負荷を低減させることを目的としている。XC60 T5に新たなパワーユニットが搭載されたのもその一環といえるだろう。

 そんなXC60 T5をドライブしてみたが、走り出しから新パワートレインの効果が実感できる。アクセルをひと踏みすると自然吸気のようにスッと伸び上がるレスポンスのよさが体感できる。過給器付きのエンジンゆえに、アクセルを強く踏み込めばターボラグが発生するだろうと思いきや、それは皆無。1800kgのボディを雑味も燃焼音も感じさせずに引っ張る。

ボルボXC60 T5 インパネ画像
ナチュラルでオーガニックな北欧家具を想起させるモダンウッドパネルと液晶メーターパネルが融合!

 アイシンAW製8速ATのギヤ比と変速感のないシームレスな感覚も絶妙。1〜2速は従来の6速ATよりもギヤ比が低く50〜90km/hと初速に乗せやすい。パドル操作でマニュアル変速させると、シフトアップごとにコツコツとあえて変速感を伝える演出がなされる。これは日本製だからこそのキメ細やかさといえる。

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー