ハイブリッドでも走りにも優れたアウトランダーPHEV

【関連記事】「国境」どころか「大陸」を越えた兄弟も! キャラや見た目が違いすぎる「プラットフォーム共用」のクルマ5組10台!

三菱アウトランダーPHEV 走り画像

三菱アウトランダーPHEV エンジン画像
搭載エンジンは2L直4。バッテリーの充電用としてだけなく走りもアシスト。フロントとリヤに駆動用モーターを1基ずつ搭載するツインモーター4WDシステムを構築する。その制御は、ランエボX譲りの駆動配分システムとパジェロなどで培ったロックモード付き4WDが融合する

 三菱自動車のアウトランダーPHEVは、先進性の高いプラグインハイブリッドEVシステムを搭載したことに注目が集まっている。だが、魅力の本質は優れた燃費性能と、卓越した走行性能を高次元で融合させていることだ。

 その走りに効いているのが、「S-AWC」という4輪駆動力制御システム。ツインモーター4WD、AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)、ASC(横滑り防止装置)、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を統合制御し、優れた操舵性を実現している。これに加えシャーシはランエボXと共通で、素性のよさは折り紙つき。

三菱アウトランダーPHEV リヤ外観画像
高い最低地上高や余裕あるアプローチ/ディパーチャーアングルなどSUVとしての機能性も十分。ラゲッジスペースも広い

 S-AWCのメリットはカーブに進入したとき、とくに速度域が高いほど実感できる。カーブに対してステアリングを切り込んでいくと、駆動力配分制御が即座に作動する。カーブに対して外側のタイヤにより多くの駆動力をかけることによって、曲がる力をアシストする。本来なら、カーブではタイヤのグリップ力が物をいうのだが、タイヤに過度の負担をかけず、ドライバーにはストレスを微塵も感じさせないのだ。しかも曲がる感覚はじつに自然で、クルマとの一体感を味わえる。このあたりはランエボシリーズで蓄積してきた操縦性のノウハウが生かされている。

 ハイブリッド車というと、燃費性能を追求したモデルと思われがち。しかし、アウトランダーPHEVは、そんなイメージを覆すだけの走行性能をもっている。

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー