BMWが生み出した新世代のスポーツカー i8市販モデルに試乗

【関連記事】BMW 8シリーズグランクーペの限定車「コレクターズエディション」が発売! 特別なボディカラー&インテリアカラーを採用

BMW i8 走り商品画像

BMW i8 リヤ外観商品画像
モーターによる出力は前輪に、エンジンからの出力は後輪に伝える。0-100km/h加速は4.4秒、燃費は2.5L/100km(40km/L)とアナウンスされている。EV走行モードも選択可能

 BMWの新しいコンセプトであるiシリーズの第2弾であるi8に、北米サンタモニカで試乗した。第1弾のi3は航続距離が気になるユーザーのために、オプションで発電用の小さなエンジン(オートバイ用)を搭載したしていた。i8は外部電源から充電可能なプラグインハイブリッドで、電気だけで走ることもできるが、ガソリンエンジンも動力源として使う。事実、65km/hを超えると自動的にエンジンが始動してモーターをアシストする。

BMW i8 外観商品画像
近未来的なデザインとしながらも、ショートオーバーハング&ロングホイールベース、ドアはガルウイングと、スーパースポーツの文法ともいえるフォルムを採用

 エンジンはミニと同じ1.5L3気筒ターボが搭載される。1.5Lとはいえブースト圧が2バール以上で過給されるので、パフォーマンスはレースエンジンに匹敵する。エンジンをリヤアクスル上に配置されるのでミッドシップと呼びたいが、実際はほとんどリヤアクスルの真上にある。また前輪駆動用の電気モーターは96kWと大きいので、フロントのエンジンルームに搭載。トルコン6速ATを介してリヤ駆動とし、EV走行は最高120km/h、走行距離は最長で35kmとなる。

BMW i8 インパネ商品画像
メーターとセンターコンソール上に大型ディスプレイを備え、ライティングの使い方など近未来的なイメージを感じさせる

 市街地ではEV走行だったが、その加速はV8エンジン並みの力強さ。フリーウェイをEVで走ることもできるが、高速ではエンジンを使ったほうが効率よくドライブできる。

 i8はまったく新しいコンセプトモデルだけにスポーツカーとして見るなら物足りない部分はある。しかしエンジンメーカーであるBMWが、再生可能なエネルギーを利用できるiシリーズ立ち上げた。新しいコンセプトのスポーツカー像を模索している感もあるが、その先見性にこそ注目すべきだ。

BMW i8 室内商品画像
室内はスポーツカーらしい2+2のシートレイアウト。シートはすべて軽量構造で、スポーツカー特有の低い着座姿勢。シートのほか各部に高級かつ軽量なレザーを使用し、上質感をアピールする
諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー