パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2014 参戦日本人全員完走!

noteで書く

 今年で第92回を数えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムには、『山の男』の称号を与えられ、地元で人気者となっているモンスター田嶋こと田嶋伸博選手他、多数の日本人が参戦をしている。

 日本勢が多く参戦するといえばEVクラス。モンスター田嶋選手や塙郁夫選手、そして三菱チーム(増岡浩選手)が参戦しているが、それ以外にも参戦している日本人がいる。それがフォーミュラD(アメリカのドリフト競技)に参戦しているドライバーたちだ。全面舗装となってそのフォーミュラDに参戦しているドリフトマシンをそのまま持ち込んでいる。また、昨年から、2輪部門に参戦する面々も増え始めている。

パイクスピーク2014に参戦するドライバーとライダー
左から吉岡稔記、具志健士郎、塙郁夫、増岡浩の4輪各選手。続いてサイドカーの渡辺正人、大関政広(パッセンジャー)の2選手。そして、伊丹孝裕、岸本ヨシヒロ、新井泰緒、高野昌浩の2輪選手。田嶋選手は集合写真撮影に間に合わず…

 今年は、合計10台11名の日本人がパイクスピークをめざし、全員が無事にチェッカーを受けることができた。

パイクスピーク 具志健士郎 チェッカー画像
昨年のフォーミュラD参戦車両でパイクスに臨んだ具志健士郎選手。タイムアタッククラスで表彰台に上っている

 4輪部門
増岡浩選手  9分12秒204 エレクトリックモデファイドクラス2位(総合3位)
田嶋伸博選手  9分43秒900 エレクトリックモデファイドクラス3位(総合4位)
具志健士郎選手  10分30秒188 タイムアタック1クラス3位(総合18位)
吉岡稔記選手  10分34秒564 タイムアタック1クラス4位(総合20位)
塙郁夫選手  12分18秒019 エレクトリックモデファイドクラス4位(総合82位)

パイクスピーク 伊丹孝裕 チェッカー画像
昨年リタイアしたものの、今年は見事リベンジを果たし、2輪部門日本人最速でゴールした伊丹孝裕選手

 2輪部門
伊丹孝裕選手  10分58秒580 パイクスピークオープンクラス9位(総合34位)
新井泰緒選手  11分33秒613 パイクスピークチャレンジ・エキシビジョンクラス2位(総合55位)
高野昌浩選手  11分48秒644 パイクスピークチャレンジ・エキシビジョンクラス3位(総合66位)
岸本ヨシヒロ選手  13分36秒654 エレクトリックモディファイ部門2位(総合104位)
渡辺正人選手&大関政広選手  23分50秒080サイドカークラス1位(総合115位)

画像ギャラリー


新着情報