新型コペンは速さより走る楽しさを追求

新型コペンは速さより走る楽しさを追求

【関連記事】ダイハツ・コペンが一部改良! サイドミラー拡大やオートライト全車標準装備で安全性向上

ダイハツ・コペン 走り画像

 ダイハツ・コペンが12年ぶりのフルモデルチェンジ。新型コペンに寄せられた期待は自ずと大きくなったことだろう。乗って楽しく、所有する満足度が高いという初代モデルの魅力を踏襲しながら、軽自動車という枠のなかでいかにスポーツモデルとしての完成度を高めるか、といったことが開発におけるキーポイントだったことは容易に想像できる。しかし、ダイハツは新型コペンの開発に『保守』より『変革』を選択。新たな付加価値を与え、さらにデザインにも大きな変革をしてきた。その付加価値というのが新骨格構造の「Dフレーム」と、内外装を着脱できる「ドレスフォーメーション」である。

ダイハツ・コペン エンジン画像
エンジンは660cc直3DOHCターボのみ。MT、CVTともまったく同じものが搭載されるがCVTにのみアイドリングストップ機構が付く。JC08モード燃費はMTが22.2km/L、CVTが25.2km/L

 パネル類の着せ替えができる部分に注目が集まるものの、それを可能とするDフレームとドレスフォーメーションという構造は、個性を表現する以外にもメリットがある。外板パネルは樹脂成形のため、車重の軽量化という副産物をもたらし、新骨格構造はボディ剛性を高めた。事実、乗り味にはその効果が如実に感じられる。

ダイハツ・コペン インパネ画像
シングルフレームをデザインテーマとした室内。センタークラスターが特徴的だ。トランスミッション違いのみで1グレード展開のコペンはオートエアコンを標準装備

 コペンのボディ剛性は軽自動車の枠を越え、ひとクラス上のジャンルと比較しても高いレベルにあることが感じさせる。それはボディの下面を見れば明らかだ。随所に施されたボディ補強材により、従来モデルに対してねじれ剛性は1.5倍、上下の曲げ剛性は3倍という数値を達成。結果として、軽自動車であってもスポーツモデルに相応しい走行安定性を実現しているのだ。その反面、若干ではあるが荒れた路面で生じる突き上げが吸収しきれておらず、大きなギャップでは強い衝撃が伝わってくる。ただし、本格的なスポーツモデルに比べれば走行振動の収束が速くスッキリとした乗り味があり、乗り心地もいいと感じるはずだ。

 クルマと一体となっている感覚が味わえるのもコペンの魅力だろう。軽自動車規格のボディサイズや車重もさることながら、ボディ剛性や足まわりやハンドルの各所の取り付け剛性の高さ、そしてブッシュなども動きすぎない適度な味付けが功を奏しているといっていい。どんな速度や走行状況でも直感的な操作感を実現し、ドライブが楽しく心地いいのだ。

 エンジンと協調して制御されるCVTと排気音の味付けも、一体感をもたらす要素として挙げられる。

 無段変速のCVTでありながら、ATのようなステップ制御が施されているのが心地いい。それによりエンジンの回転上昇感など、スポーツドライブ時の高揚感がある。またエンジン性能は、最高出力が64psで最大トルク92N・mとなり、軽自動車のターボとしては驚くスペックではないが、体感上はパワフルに感じる。

 その理由はアクセル操作に対するレスポンスのよさ、ドライバーの思い描いた加速フィールを発揮するからだ。さらに走り出しでは爆発の1次成分、高回転では爆発の2次成分を強調するなど、排気音についてもチューニングが徹底されており、アクセルを深く踏むたびに心地いいサウンドが耳に届くのも魅力であり、一体感を増幅させている。

 CVTの完成度が高いと、MTの必要性が危ぶまれるが、MTにはMTならではの魅力がある。まずCVTに対してMTは車両重量が20kgも軽い850kg。800kg台のクルマで、フロント部の20kgの差は大きい。とくにハンドルの初期応答性が高まるので、コーナーが連続する場面でも無駄な動きが抑制され気もちよく走れるのだ。またコペン専用の味付けとして、オイル容量を通常の5速MT車の約半分の1.25Lに抑えている。これは簡易的なセミドライサンプ化に似たオイルによる抵抗が少ない特性を生み出し、加速に鋭さが出るというわけだ。

 クルマとひとつになって走れる感覚。さらにオープンカーというスペシャルな雰囲気も手伝って、その魅力はさらに深まっていることが実感できた。

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー