スーパースポーツなのに刺激なし!?  まるで超純水のようなゴルフR

スーパースポーツなのに刺激なし!?  まるで超純水のようなゴルフR

 TOP of ゴルフ! 先代モデルのフォルクスワーゲン・ゴルフRは、CARトップの筑波テストでアタッカーの清水和夫さんが選ぶ2010年の“筑波オブ・ザ・イヤー”でトップに輝いた。

14.08.21ゴルフR_01
2011年の筑波オブ・ザ・イヤーに輝いた先代のフォルクスワーゲン・ゴルフR。1分08秒81のラップタイムを記録している

 8月26日に発売するCARトップ10月号では、フォルクスワーゲン・ゴルフR、メルセデス・ベンツA45AMG、BMW M3、ルノー・メガーヌRSの4台を集め「欧州スポーツ対決」という企画を行なっている。
ゴルフRをCARトップ編集部・石田が少し普段使いしたのでお伝えしましょう。

  

  

  

  

  

  

ステアリングやエンジンの出力など細かく特性変更できる。DCCをコンフォートにすればファミリーユースでもまったく問題なし
ステアリングやエンジンの出力など細かく特性変更できる。DCCをコンフォートにすればファミリーユースでもまったく問題なし

「ホントに最上位のスポーツモデルかよ?」これが素直な印象。こう書くとスポーツモデルとしての性能が不足しているように感じるかもしれないが、ハイ、引っかけです。ボディ剛性はガチっとし、280ps/350N・mのエンジンパフォーマンスなど余裕で受け止める。それでいて街乗りで苦痛になるようなコンフォート性の低さは皆無! まぁこれはサスペンションに減衰力可変式ショックアブソーバー“DCC”を採用している貢献も大きいのですが。

  

  

  

 で、スポーツモデルか? に戻ると、恐らくスポーツモデルなどまったく触れたことのない人が乗っても緊張感なく走ることができるハズ。尖ってないんです。見た目からしてそのまんまゴルフでチョコっとRバッヂがついているだけだから「●●さんちの旦那さん、スゴイクルマ買ったのね、遊び人なのかしら」なんて言われることもないだろう。エコモードで乗っていれば排気音がおとなしいうえに低回転で走るから、まぁ〜静か。深夜の帰宅も大丈夫です。

見る人が見れば“R”とわかるもののある意味スポーツモデルのオーラはなし。普通のゴルフに見える
見る人が見れば“R”とわかるもののある意味スポーツモデルのオーラはなし。普通のゴルフに見える

 でも、恐らくサーキット初心者が筑波サーキットで上記の4台を走り比べればゴルフが一番速いと思う。とにかく自然、ピーキーさもなく身体に馴染むし緊張感を強いられない。超純水スポーツとはそういうことです。辛いモノ好きにはオススメできません。
そんなゴルフR、街乗りでわかったポイントを紹介しよう! まずモードスイッチが使いづらい、シフトをDに入れいているとレバーの死角になってスイッチが見えないのだ。モード自体は素晴らしい! 少なくとも2台は別のクルマをもっているかのようにまったく違う走りを楽しめる。

そしてナビにも素晴らしい点が。なんとスケールが非常に細かく、50m、75m、100m、150m、200m、300m……といった具合。右のダイヤルでスケール変更できる。まさかの150m、300m、500mなどが選べるのだ!
そしてナビにも素晴らしい点が。なんとスケールが非常に細かく、50m、75m、100m、150m、200m、300m……といった具合。右のダイヤルでスケール変更できる。まさかの150m、300m、500mなどが選べるのだ!

  

停車すると自動でパーキングブレーキが作動。アクセルペダルを踏めば解除されるのだ。アイドリングストップ中にブレーキから足を離してもエンジンが始動しないので足を休められる
停車すると自動でパーキングブレーキが作動。アクセルペダルを踏めば解除されるのだ。アイドリングストップ中にブレーキから足を離してもエンジンが始動しないので足を休められる

 一番感動したのはアイドリングトップ。エンジン停止後、ブレーキペダルから足を離してもエンジンがかからない!! パーキングブレーキにオートホールド機能があるので当然ブレーキから足を離しても安全。アクセルを踏めば再始動する。ステアリング操作でもエンジンは始動しない。さまざまなアイドリングストップ付き車に乗ったが、HV以外ではこれが一番使いやすかった!

  

  

  

  

  

  

  

運転席はパワーシートを採用。細かい調整ができるので適切なドライビングポジションを選択できる
運転席はパワーシートを採用。細かい調整ができるので適切なドライビングポジションを選択できる

  

 最後にシート調整。スポーツモデルでも電動を採用していることに感謝!! 運転中でも僅かな調整が可能なので本当にピッタリのドラポジが決められる。
以上! 普段使いでわかったことリポートでした!!

  

  

画像ギャラリー