二つの表情を持つスバルWRXがついに登場!

スポーツセダンとして独立したWRX

0042
EJ20型エンジンを搭載するSTI。写真は、リヤウイングやビルシュタイン製ダンパーを装着するタイプS

 スバルWRXは、スポーツセダンのブランドとして独立。
従来モデルのようにインプレッサの派生モデルから専用開発車となったわけだ。
シャーシは、先のレヴォーグで採用された最新型で、従来モデルに比べ大幅なボディ剛性アップなどが施されている。

 その結果、サスペンションのセッティングが大幅に変更され、俊敏さとスタビリティの高さを両立しているという。

 新型スバルWRXには2つのグレードが用意されている。

 1つは「S4」。
2L水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載し、トランスミッションはスポーツリニアトロニック(CVT)だ。
レヴォーグと同じパワートレーンだが、セダンボディとの組み合わせでよりスポーティな仕上がりになっている。

 S4は、従来モデルのSTI A-line(2.5Lターボ+5速AT)に近いキャラクターのグレードだが、
前述したように新世代シャーシの採用していることで大幅に走りの質が高まっている。
グレードは、2.0GTと2.0GT-Sの2種類。2.0GT-Sは、ビルシュタイン製ダンパーが装着され、メッキドアミラーやハイクラスター仕様のアルミホイールを採用する

  

 さて、本命のSTIが搭載するエンジンは、信頼のEJ20型の2L水平対向ターボエンジンだ。

  

  

0005
最高出力は308ps、最大トルク43kg-mを発揮。ツインスクロールターボによるハイレスポンスなエンジンに仕上がっている

  

 当然ミッションは6速MTのみの設定で、DCCD方式AWDを採用する。

 DCCD方式AWDとは、センターデフに機械式と電子制御式の2つのLSDを搭載し、走行状況やドライバーの意図でセンターデフの差動制限トルクをコントロールする機能だ。

3種類のオートモードとマニュアルモードを設定する
シフトレバー手前にSI-DRIVEのモードスイッチとセンターデフのモード切り替えスイッチそれぞれを設置する

 グレードは基準車のSTIとSTIタイプSの2種類。
タイプSは、大型リヤウイングやビルシュタイン製ダンパー、メッキドアミラーを装備する。

 さて、この2つのWRX。
どのような走りの違いを見せるのか?

 詳しくは

 CARトップ10月号(8月26日発売)、
ニューカー速報プラス第12弾「スバル新型WRX STI」(8月26日発売)で
プロトタイプ試乗記を紹介している。

  

諸元表
車名 --- ---
グレード --- ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×--- ---×---×---
ホイールベース (mm) --- ---
トレッド 前/後 (mm) ---/--- ---/---
車両重量 (kg) --- ---
パワーユニットタイプ --- ---
排気量 (cc) --- ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) --- ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) --- ---
駆動方式 --- ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/--- ---/---
ブレーキ 前/後 ---/--- ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/--- ---/---
JC08モード燃費 (km/L) --- ---
価格 (万円・税込) --- ---

画像ギャラリー