フォルクスワーゲンがWRC第10戦で早くもチャンピオン獲得

フォルクスワーゲンがWRC第10戦で早くもチャンピオン獲得

【関連記事】デジタル&電動化して安全支援装備も最新に! ゴルフ ヴァリアントもゴルフ8に進化

Rally Australia 20142014年のWRC(正式にはFIA 世界ラリー選手権)は、10戦目となるオーストラリアラリーでフォルクスワーゲンが2年連続となるマニファクチャラーズチャンピオンを獲得。さらに、チームとして初の表彰台独占という偉業も成し遂げたのである。
1位は、エースの#1セバスチャン・オジェ、2位は#2ヤリーマティ・ラトパラ、3位は#9アンドレアス・ミケルセン。参戦した3台のポロ R WRC全車が入賞したわけだ。

 残りは、第11戦のフランスラリー、12戦のスペインラリー、最終となる13戦のグレートブリテンラリー(イギリス)。

 すでにドライバーズ選手権ランキングでも、1位セバスチャン・オジェ、2位ヤリーマティ・ラトパラ、3位アンドレアス・ミケルセンと3位までをフォルクスワーゲンチームのドライバーが独占。セバスチャン・オジェが2年連続でタイトル獲得の可能性も十分にある。

 今年もフォルクスワーゲンがWタイトルを獲得できるか、興味が湧くところだ。

画像ギャラリー