[動画]BMW i8が日本の公道を走る

[動画]BMW i8が日本の公道を走る

BMWのPHEVスポーツ「i8」
神奈川県・箱根ターンパイクで初試乗!

 BMWは電気自動車「i3」に続き、プラグインハイブリッドのスポーツカー「i8」を日本上陸させた。すでに予約注文は始まっているが、日本での発売価格1917万円。スーパースポーツカーとしては、(自分で買えるかどうかは別として)高くはない。

【関連記事】BMWアート・カーのデジタル展覧会を開催! AR技術との融合で世界中のどこからでもBMWアート・カーを楽しめる

IMG_0035その話題の「i8」に、ついに箱根で乗ることができた。「i8」は、ハイブリッドカー。プラグイン方式を採用した新世代のスポーツカーだ。ホンダが来年発売を計画している新型NSXに、やや近いカタチのハイブリッドスポーツカーだが、ホンダより一足早い発売となった。IMG_0105
見るからにスーパースポーツ然とした「i8」のボディにしばし見とれながら、ガルウイングドアを跳ね上げる。この感覚はかつてのスーパーカーブームを思い起こさせる。

 このあとのスタートの操作から「未来」が現実になったことを実感する。スタートボタンを押して「Ready」を確認して走りだす。電気モーター特有の強力なトルクで新世代スポーツカーは目覚めたと同時に、とてつもないスタートダッシュを見せる。

IMG_0187
日本仕様には右ハンドルも設定されている

 すでにBMWは「i3」で、極めてスポーティな電気自動車の走りを実現しているが、この「i8」は、その比ではない動きを見せつけた。少しステアリングを操舵してみると、フロントノーズの動きがシャープで軽く感じる。カーボンボディで軽く仕上げているとはいえ、リチウムイオンバッテリーを積んだボディは1500kg。だが、このスムースな動きは1000kg+αくらいの軽量スポーツカーに近い。
本気で「スポーツ」するならシフトレンジをDレンジの左に動かすだけでいい。これで、パドルシフトを操作すると、いきなり5Lクラスのスーパースポーツの世界に入り込む。

1.5L直3ターボエンジンをリヤシート後方に搭載するミッドシップレイアウトを採用。エンジンで後輪を駆動し、前輪はモーターが駆動する4WDシステムを構築する
1.5L直3ターボエンジンをリヤシート後方に搭載するミッドシップレイアウトを採用。エンジンで後輪を駆動し、前輪はモーターが駆動する4WDシステムを構築する
エキゾーストパイプは向かって右側。左に見えるスリット部はスピーカーを装着してサウンドチューニングを施す
エキゾーストパイプは向かって右側。左に見えるスリット部はスピーカーを装着してサウンドチューニングを施す

  

  

  

  

  

  

  

 シフトダウンと同時に、エンジンはブリッピングして回転をポンと上げる。そのエンジン音は、1.5L3気筒ターボの音とは思えない、純スポーツカー・サウンドだ。この快適な音はスピーカーを使うデジタルの最新仕掛け、……と書き出したら止まらないほどの未来感と古き良き時代のスポーツカー感覚をハイブリッドしているのである。
日本を走り始めたばかりのi8。走りの映像は。スポーツカー使いのモータージャーナリスト中谷明彦さん。そのファーストインプレッションは、後日お伝えしよう。

レポーター中谷明彦さんのインプレッション動画は近日公開予定
レポーター中谷明彦さんのインプレッション動画は近日公開予定

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー