ピンクラの次はイエローのマークX

ピンクラの次はイエローのマークX

現行クラウンが登場したとき、ReBORN PINKのボディカラーは衝撃的だった。 しかも、特別仕様車として受注期間の昨年9月の1ヶ月間で650台の予約が入った。 2014年の衝撃的ボディカラーは、マークXに与えられた”アウェイクンイエロー”。 このボディカラーは、「オトコの本能に目覚めをつげる」をコンセプトに特別仕様車「Yellow Label」に全4色の1色として採用された。 その発表イベント「MARK X Yellow Label プロジェクト」のキックオフセレモニーが東京タワー前のスターライズタワーで行われた。 東京タワーをバックにした舞台のマークX Yellow Labelがアンベールされると、サッカー解説者の武田修宏さんと俳優 細川茂樹さんがライトオン。東京タワーがイエローにライトアップされた。

【関連記事】ダイハツ・コペンが一部改良! サイドミラー拡大やオートライト全車標準装備で安全性向上

S1050063 このプロジェクトは、ホイチョイ・プロダクションズ、GyaO!、小学館、トヨタマーケティングジャパンがタッグを組んで、大人のオトコたちを刺激することで、日本の活力につなげる、という。 さらにウェブムービーで、細川さんと共演する葛岡碧さん、絵美里さん、泉里香さん、石田ニコルさん、岡本あずささんも登場。トークタイムも行われ、武田さんのちょっとバブル世代のデートを思い出させるドライブデートに関するコメントは、逆に新鮮だった。 S1050126 さて、肝心の特別仕様車 「マークX Yellow Label」は、250Gと250G Fourをベースに、アウェイクンイエローのほかホワイトパールクリスタルシャイン(オプション設定)、ブラック、シルバーメタリックの全4色を設定。内装はイエローとブラックの2色を設定し、シート表皮や本革巻きステアリングホイールなどにイエローステッチをあしらっている。

【特別仕様車 メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
エンジン駆動トランスミッション価 格* (消費税込み)
マークX 特別仕様車250G “Yellow Label”4GR-FSE (2.5L)2WD (FR)6 Super ECT2,883,600
マークX 特別仕様車250G Four“Yellow Label”4WD3,121,200
マークX 特別仕様車250G “Sパッケージ・Yellow Label”2WD (FR)3,142,800

画像ギャラリー