CO2排出量ゼロの暮らし

CO2排出量ゼロの暮らし

 埼玉県さいたま市には、積水ハウス/東芝/本田技研工業(ホンダ)3社で建設した実証実験ハウスがある。

【関連記事】「乗用車」の燃料電池車には将来性がない? 新型「MIRAI」が登場するなかホンダ「クラリティFCV」はどうなる

D20_8417
ここには、ITやパーソナルモビリティなどの技術と、家庭、モビリティ、地域のエネルギー需要を総合的にコントロールするエネルギーマネージメント技術が取り入れられている。
建物は、実際に居住できる二世帯住宅で、昼間外出している子世帯の太陽光発電の余剰電力を親世帯で使ったり、各世帯で作られたお湯などを世帯間で相互供給を行う。

 また、ケーブルを接続しないでも電気自動車(EV)への充電を可能とする非接触充電システムを採用。さらにEVに蓄電された電力を家やコミュニティーに供給することも可能となっている。

D20_8391
駐車場内の床にある筐体が非接触式充電器。ここに車両側の充電器を合わせる
D20_8396
フィットEVはフロア下の受電器と駐車場の床にある充電器の位置を合わせ、非接触充電を可能とする

 この試みは2010年から開始され、ホンダは2012年4月に実証実験ハウスを2棟建設。実際に社員を住まわせ、エネルギーの消費および生産状況をチェックしてきた。

 今後は、このように自分でエネルギー(電気)を作り、地域に供給したり、モビリティに使用する化石燃料を使用しないCO2排出ゼロ時代が来るだろう。

  

EVの充電器は天井に配し、使い勝手は良好
EVの充電器は天井に配し、使い勝手は良好

画像ギャラリー