9月6日筑波サーキットで発売前の「新型オープンカー」が見られる

9月6日筑波サーキットで発売前の「新型オープンカー」が見られる

【関連記事】ロードスターRFで体感! オープンカーに初めて乗ったらもはや「異世界転生」だった

_D3S9936毎年恒例となっている茨城県の筑波サーキットで行われるメディア対抗ロードスター4時間耐久レース。
このレースは、自動車メディアがロードスターで4時間後のゴールを目指し腕を競い合うもの。_D300388

 マツダロードスター(ユーノスロードスター)が登場した1989年から行われ、
今年は記念すべき第25回目(25年目)のレースなのだ。
もちろん、マツダロードスターがモデルチェンジするたびに新型モデルを投入。

 つまり、9月4日に4代目ND型マツダロードスターが発表されたわけだから、来年は新型車両が導入されるのは間違いないだろう。ある意味、今年のレースは3代目モデルとなるNC型最後のバトルなのだ。

  

20140826_133133
今年はCARトップとXaCARの合同チーム。ドライバーは、ドリキンこと土屋圭市さん、プロドライバー山下健太さん、北畠主税カメラマン、編集部からは石田と田中という5人体制

 この日は、4時間耐久レース以外にマツダファンが楽しめるイベントが午前中から行われている。
今年の目玉は、発表されたばかりの4代目マツダロードスター、ND型が展示されるという。P1J08469s

  

 9月4日の発表に行くことができなかったファンにとっては、マツダロードスターを間近で見られるチャンスだ。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

4代目マツダロードスターND型の魅力を山本修弘主査が語る

画像ギャラリー