三菱ランエボとスバルWRX44台がドライビングレッスンvol.1 (1/2ページ)

三菱ランエボとスバルWRX44台がドライビングレッスンvol.1

【関連記事】三菱ミラージュにスポーティさを際立たせた特別仕様車「ブラックエディション」を設定し発売

メイクドライビングレッスン国産2Lターボ4WDに特化した講義

 ダウンサイジングターボの登場によって、海外メーカーも2Lターボ4WDモデルを続々と市場投入をしている。
しかし、そもそもこのカテゴリーは、三菱のランサー・エボリューションとスバル・インプレッサWRXというスポーツセダンが作り上げてきた。そしてラリーフィールドを圧巻し、数々の輝かしい戦歴を残している。そして、この2台は永遠のライバルでもあるわけだ。

 そのような2台だけを対象としたドライビングレッスンが10月3日に富士スピードウェイの主催で開催された。
その名は「ワンメイクレッスン・”三菱 ランサーエボリューション””スバルWRX”」。参加台数は、平日にも関わらず、ランサー・エボリューション23台、インプレッサWRX21台。あらためて、この2台への想いをはせるファンの多さ、同時に高いドライビングテクニックを習得して本来の性能を満喫したいと思っている人の多さに驚かせられた。

メイクドライビングレッスン
メインインストラクターの中谷明彦さん

  

  

 このドライビングレッスンの講師は、CARトップでもお馴染みの理論派モータージャーナリストであり、ランエボでの輝かしい戦歴を持つ中谷明彦さん。そしてニュルブルクリンク24時間レースにWRXで参戦し、昨年はクラス優勝も果たした吉田寿博選手。どちらも、国産2Lターボ4WDを知り尽くしたドライバーだ。

メイクドライビングレッスン
レーシングドライバーの吉田寿博選手も講師として参加

 朝一で始まったブリーフィング兼講義では、4WDならではのメリットとそれを生かすためのドラビングテクニックと、ランエボ&WRXオーナーにとって非常に役立つことばかり。これはワンメイクドライビングレッスンだからこそできる内容といえるだろう。

  

  

 参加料は

項目参加料FISCOライセンスパック
FISCOライセンス未所持者の方26,700円49,400円
体験走行
パイロンスラロームプラン
10,300円
FISCOライセンス会員の方23,700円

 FISCOライセンスパックとは、富士スピードウェイのライセンスも同時に取得できるコース。通常のライセンス取得費用は4万2700円。つまり+6700円でドライビングレッスンまで受けられるのだから、かなりお得な設定といえるだろう。

 さらに、今回はランサーエボリューションの開発に携わる商品戦略本部のとWRXの開発主査である高津益夫さんをゲストとしてトークショーも行われた。

 >>>>>次ページにはパレードランの動画をアップ。走ったあなたのクルマが写っています