BMW MINI 5ドアが富士スピードウェイでアジア初デビュー

BMW MINI 5ドアが富士スピードウェイでアジア初デビュー

【関連記事】【2021最新版】編集部おすすめの輸入車SUV 10選

MINI CONNECTION201410月4日(土)、富士スピードウェイで第4回『MINIコネクション』が開催された。
このイベントは、全国のMINIファンが一同に会する祭典。
来場者が一日を通して楽しめるさまざまなプログラムが催された。

 そこでファンだけなくプレス関係者の注目を集めたのが、MINI初となる5ドア・ハッチバックモデルのお披露目だった。

 この日に披露された「MINI 5ドア」は、2日前の10月2日にパリ・モーターショーで世界初公開されたばかり。
アジアでの公開は、日本のMINIコネクションが初となる。
その理由をBMWのMINIディビジョン・フランソワ・ロカ本部長は
「我々にとって日本はとても大事な国。我々の情熱を本当に伝えたかった」と話す。

 ボディサイズは全長4000mm、全幅1725mm、全高1445mm、ホイールベース2565mm。
先に発表されたクロスオーバーも5ドアボディだが、オーバーフェンダーや大型バンパー、やや高めの車高を採用する。
それに比べるとMINIクーパー5ドアは、ナローなフォルムで特に全幅は1725mmとクロスオーバーよりも65mmタイト。市街地での扱いやすさは高いといえるだろう。
MINI CONNECTION2014

 ラインアップしている2モデルはいずれも6AT。

 1.5L直列3気筒MINIツインパワー・ターボエンジンの「MINIクーパー5ドア」と2L直列4気筒MINIツインパワー・ターボエンジンの「MINIクーパーS 5ドア」を設定。
クロスオーバーのようにMTモデルやディーゼルエンジンはラインアップされていない。

  

  

 MINI5ドアは、3ドアMINIの都会的なイメージを継承しながら、居住性と利便性の向上を実現している。
3ドアボディを理由にMINIの購入を躊躇していたようなファミリー層には、この5ドアはまさにジャストサイズといえるだろう。

メーカー希望小売価格(8%消費税込)

モデル名エンジントランス
ミッション
価格
MINI Cooper 5 DOOR1.5L / 直列3気筒
MINIツインパワー・ターボ
6速AT\2,980,000
MINI Cooper S 5 DOOR2.0L / 直列4気筒
MINIツインパワー・ターボ
6速AT\3,500,000

  

諸元表
車名 --- ---
グレード --- ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×--- ---×---×---
ホイールベース (mm) --- ---
トレッド 前/後 (mm) ---/--- ---/---
車両重量 (kg) --- ---
パワーユニットタイプ --- ---
排気量 (cc) --- ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) --- ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) --- ---
駆動方式 --- ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/--- ---/---
ブレーキ 前/後 ---/--- ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/--- ---/---
JC08モード燃費 (km/L) --- ---
価格 (万円・税込) --- ---

画像ギャラリー