【CEATEC2014見聞録】ハイビームだけの新世代LEDヘッドライトシステム

【CEATEC2014見聞録】ハイビームだけの新世代LEDヘッドライトシステム

【関連記事】「気を使う」んじゃ楽しくない! スポーツモデルなのに普段使いが「苦にならない」クルマ11選

CEATEC201410月7日~11日に開催している最先端IT・エレクトロニクスの総合展『CEATEC JAPAN 2014(千葉県・幕張メッセ)』。マツダブースでは、日本の自動車メーカー初となる、LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを採用した新世代ヘッドライトシステムを発表。共同開発したスタンレー電気でも同商品を同社ブースで展示した。

マツダの新世代ヘッドライト「アダプティブ・LED・ヘッドライト」
マツダの新世代ヘッドライト「アダプティブ・LED・ヘッドライト」。共同開発のスタンレー電気では「アダプティブ・ドライビング・ビーム・ヘッドランプ」と名付けている

 この新世代ヘッドライトは、ハイビームの光源を個別に点・消灯させて、ロービームに切り替えることなく断続的にハイビームのライトで走行することが可能という。その仕組みは、対向車などに照射されてしまう部分のみ自動で消灯し、それ以外の部分はハイビームで照射したままでいるという。

ライトユニットにモーターや特別な機構を用いる必要がないので、低コストで低消費電力の性能を確保している
ライトユニットにモーターや特別な機構を用いる必要がないので、低コストで低消費電力の性能を確保している

 ヘッドライトのLEDは片側で4つのブロックに分けている(LED12素子を4:2:2:4で分割)。2灯式ヘッドライトで合計8つのブロックを状況に合わせて点・消灯することになる。

 ハイビームの配光の点・消灯については、車両側の車載カメラ(ヘッドライトユニットにはカメラを搭載していない)が捉えた周囲の車両の位置情報を元に配光する。もちろん対向車の位置もセンシングすることで、接近してくるその位置に合わせてLEDは点・消灯を変化させている。

  

CEATEC JAPAN 2014
ユニットのカットモデル。LED素子を4つの部屋に分けてそれぞれを点・消灯する

 これは、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の次の進化として、特に夜間走行におけるドライバーの認知支援を強化するための技術となる。

  

 このヘッドライトユニットは、対向車だけでなく、先行車にも対応し、それぞれに眩しさを与えることがない。さらには歩行者や道路周辺の標識の認識を早め、より安全安心な夜間視界を確保する。その結果、ドライバーには違和感を与えず、疲労を軽減できるとしている。

 初採用車両や時期については未発表だが、早いタイミングで市場投入するということだ。

CEATEC JAPAN 2014
こちらはセンターの2灯のみ消灯
CEATEC JAPAN 2014
模型を使ったデモンストレーション。通常のハイビーム(右端のみ消灯)

画像ギャラリー