【CEATEC2014見聞録】トヨタ、ホンダは燃料電池関連とテレマティックサービスを展示

【CEATEC2014見聞録】トヨタ、ホンダは燃料電池関連とテレマティックサービスを展示

【関連記事】アルファードを超える豪華ミニバンとして期待は大きかった! なのに「グランエース」が低迷する理由

FCV最先端IT・エレクトロニクスの総合展『CEATEC JAPAN 2014(千葉県・幕張メッセ)』が10月7〜11日まで開催。日本の自動車メーカーの出展もあり、その中からトヨタおよびホンダブースの展示を紹介しよう。

トヨタブースは今年発売のFCVとT-Connectを展示

TOYOTAトヨタが展示したのは、メインステージに、今年度に発売するFCV市販モデル。またブース脇には、タツノの水素ディスペンサーが展示されていた。また、次世代テレマティクスサービス「T-Connect」の説明も行われていた。

ホンダは水素ステーションとインターナビ「ROAD H!NTS」をアピール

HONDAブースコンセプト「SUISO JAPAN powered by Honda」を掲げたホンダブースには、水素小僧が再び登場。水素小僧は昨年の東京モーターショーでも展示されていた燃料電池の解説役。今回は水素小僧が2体。さらにその後ろには先日発表されたコンパクトなパッケージ型水素ステーションのモックアップも展示された。

AVメーカーや自動車周辺企業などから様々な提案!

  

画像ギャラリー