【ムービー】630万円のトヨタ「86」コンプリートカーをドリフト試乗!

【ムービー】630万円のトヨタ「86」コンプリートカーをドリフト試乗!

TRD「Griffon Concept」の市販バージョン「14R-60」

【関連記事】いつまで使わない3列席のミニバン乗ってんの? ムダを省く「断捨離」的クルマ選びのススメ

TRD_14R-60トヨタテクノクラフトが製作したトヨタ86をベースにした高性能実験車両「Griffon Concept」。筑波サーキットで58秒407のラップタイムを記録した研究開発車両。その技術をフィードバックし、サーキット走行にターゲットを絞ったトヨタ86をベースにしたコンプリートカーが、今回登場した「14R-60」だ。

TRD_14R-60

TRD_14R-60
TRDが手掛けた開発車両Griffon Concept(右)のコンセプトをもとに製作された14R-60(左)。中央は、14R-60よりストリート仕様の参考車

 エンジン本体には手は加えず、最高出力や最大トルクに変更はない。しかし、吸排気系チューニングとオイルバッフルプレート(オイルの片寄り防止)、強化エンジンマウントを採用するなど、フィーリングアップや安定したスポーツ走行を可能とする装備は施されている。
ただし、トランスミッションは1速と2速を3速のギヤ比に近づけ、ファイナルを4.555(ノーマル4.100)とローギヤード化。発進時からエンジン回転のつながり感を良好にさせている。
しかし、このクルマの真髄はシャーシにあるといっていいだろう。
スポット増しなどシャーシの加工は施していないが、補強パーツを随所に施し、ルーフはカーボン化。
もちろん足まわりも一新されている。

 また、カナード付きフロントバンパー、フラットボトム化を実現するディフューザー、リヤウイング、フロントフェンダーなどによって空力性能を向上。
1本あたり3kgの軽量化を実現するマグネシウム鍛造ホイールを採用するなど、パワーに頼らずハンドリングと空力、軽量化によって速さを求めたクルマに仕上がっているのだ。ちなみにシートはフルバケットタイプで、リヤシートを廃した2シーター仕様になっている。

 ワークスチューニングならではのいぶし銀のようなチューニング・コンプリートカーだ。
車両本体価格は630万円で、100台限定で発売。
10月6日よりWeb限定で商談申し込みを受け付け、限定台数を超えたときは抽選で販売するという。

>>>14R-60商談ページ
http://toyota.jp/customize/86/14r-60/index.html

TRD_14R-60
左はリポーターの中谷明彦さん(左)。TRD 14R-60の開発ドライバーである伊藤正茂さん(右)は、中谷さんが率いるドライビングスクール「中谷塾」の卒業生

 なお、14R-60の詳しいリポートは、CARトップ12月号およびXaCAR vol.5で理論派モータージャーナリスト中谷明彦さんのリポートをお届けする。

画像ギャラリー