年内に登場する次期レジェンド搭載ホンダ新安全運転支援システムを発表

年内に登場する次期レジェンド搭載ホンダ新安全運転支援システムを発表

【関連記事】いまクルマを買うなら「プラグインハイブリッド」がベストな選択かも! 多数揃った国内外モデルの「買い」とは

Honda SENSING00HONDASENCINGホンダが10月24日に発表したのは、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」と名付けられた新しい安全運転支援システム。
安全運転支援システム「ホンダ センシング」
ホンダのCMBSを中心とした既存の運転支援システムに6つの機能を追加(性能向上したものを含む)したこの「ホンダ センシング」は、グリル内のミリ波レーダーと、フロントウインドウ上部に設置の単眼カメラでシステムを構成している。

 この2つのセンシングデバイスは精度を大幅に向上させている。ミリ波レーダーは、対象物体の位置や速度だけでなく、電波の反射率が低い歩行者までを検知できるようにした高性能なもの。単眼カメラも車両前方約60mまでの歩行者や対象物体の属性や大きさなどを識別する。

 具体的な機能については以下の写真の通り。

 他にも、車線維持支援システム(車両が車線の中央を維持するように、高速道路でのステアリング操作を支援し、運転負荷軽減を図る。適応速度域は65km/h以上)や、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(前走車との車間距離と速度差を検知。適切な車間距離を保つようにアクセルやブレーキの制御を行う。作動範囲は停止まで拡大している)、誤発進抑制機能(近距離に前走車などがあることを検知し、急にアクセルペダルを踏み込んだ場合の急加速を抑制する)、先行車発進お知らせ機能といった機能が内包される。

 年内に発売を予定しているレジェンドに採用し、以後順次採用車両を拡大していくとしている。

画像ギャラリー