威風堂々スバル新型レガシィ登場!

威風堂々スバル新型レガシィ登場!

【関連記事】日本のスバリスト涙! 国内では販売終了したのに北米では「WRX STI」が買えるワケ

D20_0555D20_05596代目となるスバル新型レガシィが発表された。
ラインアップは、クロスオーバー4WDのアウトバックとセダンのB4の2種類となった。レガシィの代名詞ともいえる「ツーリングワゴン」が廃止されたことは若干の寂しさもあるが、国内市場ではワゴンはレヴォーグ、スポーツセダンはWRXが担うことになり、レガシィはボディサイズの制約を一切受けずに世界戦略車として成長できたわけだ。

 ダイナミック&ソリッドをデザインコンセプトにしたボディは、質感と機能性を高いレベルでバランスさせた美しいフォルムを実現。インテリアはレガシィの特徴でもある走りの性能を感じさせるコンフォート&スポーティをデザインテーマにしている。

 また、この新型レガシィより主力はクロスオーバー4WDのアウトバックにシフト。アウトバックは、北米市場でフォレスターに次ぐ人気モデルというのが理由だろう。

「動的質感」をテーマとする新型レガシィは、シャーシ性能の向上やエンジンの刷新などによって走りに磨きをかけた。日本仕様の搭載エンジンはNA2.5L水平対向4気筒の1タイプで、従来型同様FB25型だが約8割のパーツを改良している。_DSC3615
海外仕様では、3.6L6気筒や2L4気筒直噴ターボ、ディーゼルエンジン(新型モデルではまだ未搭載)もラインアップされているので、レガシィファンにとってはターボだけでも残してほしかったかもしれない。
トランスミッションは、リニアトロニック(CVT)のみだがアクセル開度によって変速特製を切り替えるオートステップ変速制御や6速マニュアルモードのパドルシフトも採用している。

 駆動方式は電子制御AWDで、アウトバックには滑り安い路面などでエンジン、駆動力、ブレーキなどを最適に統合制御する「X-MODE」やヒルディセントコントロール(スリッピーな急坂をブレーキや駆動力を自動的に制御して安定して下れる装置)採用している。

 安全装備では、アイサイト(EyeSight)がレヴォーグやWRXと同じver.3に進化。
2つのカメラは、より広角かつ遠方まで補足し、カラー認識も実現している。

車 種価 格(単位:円)エコカー
減税対象
車種/グレードエンジン駆 動変速機消費税込消費税抜
LEGACY OUTBACK2.5L水平対向
4気筒DOHC
AWDリニアトロニック3,132,0002,900,000
LEGACY OUTBACK Limited3,402,0003,150,000
LEGACY B42,862,0002,650,000○*
LEGACY B4 Limited3,078,0002,850,000○*

<アウトバック>

 <B4>

諸元表
車名 --- --- --- ---
グレード --- --- --- ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×--- ---×---×--- ---×---×--- ---×---×---
ホイールベース (mm) --- --- --- ---
トレッド 前/後 (mm) ---/--- ---/--- ---/--- ---/---
車両重量 (kg) --- --- --- ---
パワーユニットタイプ --- --- --- ---
排気量 (cc) --- --- --- ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) --- --- --- ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) --- --- --- ---
駆動方式 --- --- --- ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/--- ---/--- ---/--- ---/---
ブレーキ 前/後 ---/--- ---/--- ---/--- ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/--- ---/--- ---/--- ---/---
JC08モード燃費 (km/L) --- --- --- ---
価格 (万円・税込) --- --- --- ---

画像ギャラリー