[動画]バットマンがトヨタ新型ミニバン発表会場に出現!

[動画]バットマンがトヨタ新型ミニバン発表会場に出現!

きらびやかな外観と広い室内空間の5ナンバーサイズ
ハイブリッドとガソリンの2機種を設定

エスクァイア
発表会場には、TVCMのキャラクターを務めているバットマンが登場。さらに、格好良く活躍する男性代表としてトークショーを行なった、ミュージシャンの吉川晃司さんと固い握手を交わした
エスクァイア
特徴的なエンブレムは、盾と矛をイメージ。さらに、センター部はネクタイ、その両側は襟元もイメージしている。さらに、左からE/s/qと、エスクァイアの頭文字をもモチーフに。水澗英紀チーフエンジニアの想いが込められたデザインだ

 トヨタ自動車は、5ナンバークラスミニバン「エスクァイア」の発売を開始した。
エスクァイアという名前は、中世ヨーロッパにおいて騎士(ナイト)を目指す者を指す従騎士に由来する。さらに上を目指す、上昇志向の強い男性に乗ってもらいたいとの願いも込められたネーミングだ。
基本的には、同社のヴォクシー/ノアの姉妹車となるが、エスクァイアはエクステリアなどさまざまな部分で差別化が図られている。

  

  

  

  

エスクァイアまず目にとまるのは、バンパー下部まで広がる大きなメッキグリル。その姿はクラウンシリーズにも通じる、高級感溢れる顔つきだ。そのほか外観にはドアハンドルやバックドアなどにメッキを多用し、ラグジュアリー感を演出している。エスクァイア室内は広々とした空間が特徴的。7人乗りはキャプテンシートを採用しており、2列めは最大810mmのロングスライドが可能。足を伸ばしてもゆったりとすごすことが可能だ。

 搭載するパワーユニットは、152ps/193N・mを発生する2Lエンジンと、99ps/142N・mという仕様の1.8Lエンジンに82ps/207N・mを発生するモーターを組み合わせたハイブリッドの2タイプ。ハイブリッドはJC08モードで23.8km/Lというクラストップレベルの低燃費を誇る。
トヨタ・エスクァイアの販売店は、これまでエスティマやアルファードしか、スライドドアをもつミニバンをラインアップしていなかったトヨタ店とトヨペット店。同店と長いお付き合いをしているユーザーにとって、新たな選択肢が生まれたことは大きいといえるだろう。

定員
(人)
エンジントランスミッション駆動価格*1
(消費税込み)
Xi3ZR-FAE
(2.0L)
Super CVT-i2WD(FF)\2,622,857
\2,592,000
4WD\2,828,571
\2,797,714
リダクション機構付のTHSII2WD(FF)\3,043,543
“サイドリフトアップ
シート車”
3ZR-FAE
(2.0L)
Super CVT-i2WD(FF)\2,763,000
4WD\2,954,000
Gi3ZR-FAE
(2.0L)
Super CVT-i2WD(FF)\2,823,428
\2,792,571
4WD\3,029,142
\2,998,285
リダクション機構付のTHSII2WD(FF)\3,204,000
諸元表
車名 --- ---
グレード --- ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×--- ---×---×---
ホイールベース (mm) --- ---
トレッド 前/後 (mm) ---/--- ---/---
車両重量 (kg) --- ---
パワーユニットタイプ --- ---
排気量 (cc) --- ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) --- ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) --- ---
駆動方式 --- ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/--- ---/---
ブレーキ 前/後 ---/--- ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/--- ---/---
JC08モード燃費 (km/L) --- ---
価格 (万円・税込) --- ---

画像ギャラリー