【ムービー】モータースポーツジャパン2014お台場ドリフト

【ムービー】モータースポーツジャパン2014お台場ドリフト

【関連記事】京商SAMURAI最新作! 世界に1台だけの特別な「トヨタ・センチュリー オープン」が1000台限定発売

MSJ_GTRGT3_110月25-26日に東京・お台場で開催されたモータースポーツジャパン2014。
国産自動車メーカーがブースを出展しただけれなく、展示してあるレースやラリーに参戦したマシンを思いっきり走らせてくれた。

 KTMというバイクメーカーは、日本人ライダーによるエクストリーム(曲乗り?)を披露。

 そしてスバルは、STI総監督・辰己英治さんがニュルブルクリンク24時間レースに参戦したインプレッサWRXを、山野哲也選手はジムカーナで活躍するBRZ、新井敏弘選手は全日本ラリー仕様としてシェイクダウンしたてのWRXを走らせた。

 サービス精神旺盛なスバル陣営はとにかくドリフト。そのためにニュルブルクリンク参戦マシンのサスセッティングまで変更したという。

 まずは辰己監督ドライブのインプレッサWRXから

 続いてジムカーナ仕様のBRZは山野哲也選手


世界のアライは新型WRXのシェイクダウンしたてのラリーマシンで4WDドリフト

画像ギャラリー