スズキ・ラパンがますますショコラ度アップ

スズキ・ラパンがますますショコラ度アップ

【関連記事】当時は「ぶっ飛びすぎてて」ムリ! でもいま見ると「オシャレにしか見えない」奇抜コンセプトのクルマ5台

ラパン

 キュートなフォルムとインテリア。ポップな内外装のカラーリングも含め、女性受けのよさそうなデザインを採用するスズキの軽乗用車アルト ラパン。女性向けの装備をもっているのも特徴だ。
2013年の登場から1年を経過した今も4000台/月の販売。グレード別の販売台数比率は、ショコラXが50%、ショコラGが20%、標準のラパンが30%という割合。つまり、全販売台数の70%がショコラということになる。しかも、ショコラのユーザー年齢層は20〜30歳代と若いそうだ。
ラパンは、まさにスズキの戦略が見事にはまったクルマといえるだろう。

 そんな好調ラパンにブラウンの内装が追加された。
これまでのアイボリー系に比べ、キャラメル色のパイピングをアクセントとしたレザー調表皮など、車名のショコラ(チョコレート)っぽいイメージを受ける。
もちろんシートだけでなく、ドアトリムやインパネガーニッシュ、ステアリングセンターエンブレムにもキャラメルカラーを採用する。

 このブラウンの内装色が設定されているのは、アルト ラパンでもっとも人気の高い「ショコラX」でボディカラーが「フェニックスレッドパール」「シャンパンピンクパールメタリック」「アーバンブラウンパールメタリック」「カシスピンクパールメタリック」「シャンパンピンクパールメタリック ホワイト2トーンルーフ」の5色のみとなる。

 メーカー希望小売価格(消費税込み)

商品名機種名エンジン変速機駆動駆動変速機価格(円)
アルト ラパン ショコラX0.66L
DOHC
VVT
2WDCVT1,401,840
4WD1,533,600

  

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー