要さえこチャンがトヨタの祭典をリポート!

要さえこチャンがトヨタの祭典をリポート!

【関連記事】賛否両論の「観音開きドア」に長い歴史あり! どれもがレア車な採用国産車6台

TGRF2014快晴に恵まれた11月23日。静岡県・富士スピードウェイにて「トヨタ・ガズーレーシングフェスティバル」が行なわれました。今年の来場者数は約4万人。毎年恒例のトヨタのお祭りだ。

TGRF2014
スーパーGTに参戦しているドライバーによるトークショー。MCを務めたモータージャーナリストの今井優杏さんの軽快な掛け合いで会場は大盛りあがり

 今年はお馴染みのレーシングカー走行はもちろん、富士スピードウェイの各所をフル活用し、さまざまな催し物が用意されてました。一例を挙げると、ラリーマシンによるデモンストレーション走行、最新技術を実際に体感できるコーナー、ちびっ子職業体験など、ただトヨタのレースマシンが一斉に走るだけでなく、クルマに関するたくさんの体験ができるのは、ガズーレーシングフェスティバルの特徴でしょう。

  

  

 そんな盛りだくさんのイベントを、CARトップ編集部スタッフとWEB CARTOPリポーターの要さえこさんで回ってみました。
まず、本来は別途パスを購入しないと入れないピット裏のパドックへ。そこには当日レースを行なうヴィッツや86&BRZのワンメイクレースマシンがズラリと並んでます。その中には、CARトップ本誌でも連載している塚本奈々美さんのマシンも。

 その横には、さまざまなグルメが並ぶカフェなども登場。さえこさんが注目したのは、ガズーレーシングのマスコット「ルーキー」の名前が入ったルーキーカフェ。ニュルブルクリンク24時間レース参戦時に、トヨタチームが愛したメニューを提供。ニュル参戦マシンを見ながら食べられるとあって長蛇の列になってました。

TGRF2014
出展社ブースではお宝グッズが買えることも。2014年はプリウスでスーパーGT・GT300クラスに参戦するチーム「apr」では、GTマシンのホイールやバンパーなどを大放出。チームのレースクイーンを務める、要レポーターのお友達でもある若松朋加チャンが手売りしてました

 イベント広場には数多くの出展社がブースを構え、たくさんのデモカーがズラリと並んで大盛況。さらに、大人気のAKB48チーム8もライブを行ない、たくさんのファンを魅了していました。

 たくさんのコンテンツがあって、1日では回りきれないのでは? と思うような充実ぶり。ぜひ来年も、たくさんのクルマファンを楽しませてくれるようなイベントを期待しています!

TGRF2014

画像ギャラリー