みんモーはまだまだ突っ走る!?

みんモーはまだまだ突っ走る!?

【関連記事】運転する楽しさを全力で体感! BMW Mで体験するドリフトプログラムに新人編集部員が挑戦

minmo_j00011月最後の週末となった29日〜30日の2日、ラジオDJのピストン西沢氏プロデュースによる”見て乗れるモーターショー”こと「みんなのモーターショー(通称:みんモー)」が東京・お台場にあるJ地区特設コースとメガウェブで開催された。

minmo_j002J地区特設コースは、お台場にあるだだっ広い駐車場。ここをコースにしたてて、国内外20社以上のメーカーおよびブランドの車両が持ち込み、助手席に抽選で乗れるという特別企画を敢行。しかも、そこに並ぶクルマはじつに多彩、というか豪華絢爛。助手席に乗るのはもちろん、なかなかお目にかかれないようなレアな車種もあった。

コースのパイロンを直しているのは、伊藤大輔選手だったり!?
コースのパイロンを直しているのは、伊藤大輔選手だったり!?

 クルマがすごい、だけではない。なんとそのステアリングを握っているドライバーも凄腕揃いというところも要チェック! 同日開催のニスモフェスティバルの影響で日産系のドライバーは不在だったが、主要なGTドライバーが勢ぞろい。さらにはモータージャーナリストの面々もうじゃうじゃ!

minmo_j003それを横でチャチャ入れているのが、D1グランプリのMCでもおなじみの鈴木学さん。そこにピストン西沢さんも絡んで、ドライバーたちをトークでメッタ斬りに。

  

minmo_m010もう一つの会場となるメガウェブでは、ホンダとロータス2台、計3台のF1マシンが登場。
セナの愛車であったロータス97Tは展示のみだが、同じJPSカラーのロータス78はデモ走行を行い、ホンダ第一期F1のRA301はエンジン始動でそのエキゾーストノートを会場内に響き渡らせた。

minmo_m001さらにSUPER GT500クラスに参戦していたレクサスSC430(ドライバーは石浦宏明選手)や、300クラスのレクサスIS350(片岡龍也選手)が助手席を付けて、同乗走行! ドリフトマシンも同乗走行を行った。

 他にも、全日本ラリーで活躍の奴田原文雄選手、SUPER GTや全日本ジムカーナで活躍した山野哲也選手、全日本ダートトライアルやアジア・パシフィック・ラリーで活躍の炭山裕矢選手といった選手のクルマの助手席に乗る同乗走行も開催。

 会場内では、ピストン西沢氏のトークショーも開催。さらに、パレットプラザでは「みんモー」おなじみのバーベキュー(無料・完全予約制)で、会場内にBBQの匂いを漂わせていた。

画像ギャラリー