【ムービー】スキー場の斜面をスバルのSUVで登る

【ムービー】スキー場の斜面をスバルのSUVで登る

ゲレンデタクシー2014?ゲレンデタクシー2014?

 4WDのトラクション性能は、特に雪道で力強く感じることだろう。
しかし近年は、雪国でも除雪作業が行き届くようになり、なかなかその実力を感じることは少なくなっている。
だが、実際にステアリングを握って雪道を走行すると、優れた4WDシステムのクルマは本当に頼もしいし、何より安心感が高い。

 そんな4WDの実力を簡単に体感できるのが、スバルが行っているゲレンデタクシーだ。

 今年は、信州菅平高原 パインビークスキー場で初開催され、スバルSUVがスキー場のゲレンデをリフト代わりにスキー&スノボ客をゲレンデ頂上を目指して走行。約900名の人が雪上走行性能を同乗走行で体験したのである。

ゲレンデタクシー2014?本年度は実施エリアを長野・北海道の3カ所のスキー場に拡大。2015年1~2月に「ゲレンデタクシー2015」と銘打って開催することになった。

 本年度のゲレンデ・タクシーで使用するのは、スバル・レガシィ アウトバック/フォレスター/SUBARU XVと、スバルを代表するSUV。

 スキーをしていると、斜面の傾斜やバーン(雪面)は穏やかでなだらかに感じる。ところが、いざ同じところをクルマで走行すると、意外と急斜面で凸凹していることを感じられるはず。
ゲレンデタクシー2014?スキー場で15度の斜面は初心者用のコースだが、道路標識の勾配の表示方法では26.8%にもなる。

 そんな急勾配の雪道をクルマで登るというだけでも痛快。しかも、通常では走行不可なスキー場のゲレンデなのだから、ゲレンデタクシーのスペシャル感はさらにアップするはずだ。

 ゲレンデタクシーの乗車方法は、開催スキー場にてイベントブースでタクシー車両の前で記念写真を撮影。SNS(Twitter・Facebook・LINE・Instagram)を通じて「#ゲレンデタクシー」というハッシュタグと共に投稿するだけ。それ以外の条件はなく、だれでも乗車することは可能だ。

 これはクルマ好き以外でも、ちょっとやみつきになりそうなイベント。
下の動画を見れば、さらにゲレンデタクシーの楽しさがわかるだろう。

アミューズメントな体験ができるゲレンデタクシー

【開催日程・会場】

2015年1月24日(土)~25日(日)
[長野県] 白樺湖 エコーバレースキー場(http://www.echovalley.co.jp/

2015年2月7日(土)~8日(日)
[長野県] 信州菅平高原 パインビークスキー場(http://www.pinebeak.co.jp/

 2015年2月21日(土)~22日(日)
[北海道] サッポロテイネスキー場(http://www.sapporo-teine.com/snow/

 詳細は、
<スバルオフィシャルWEBサイト(ゲレンデタクシー)>2015)http://www.subaru.jp/event/2015/gelandetaxi/

  

画像ギャラリー