2015年1月にホンダNSXが発表される

2015年1月にホンダNSXが発表される
NSX
ボンネットのエアアウトレットは、コンセプトモデルには存在していない

 ホンダは、2015年1月に開催する北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)のプレスデーとなる12日に新型NSXを発表する。

 新型NSXは、オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣接地に設立予定の四輪車生産工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で2015年に量産を開始するために、ホンダR&Dアメリカズで開発。そのような背景もあって、デトロイトショーではホンダの高級車ブランド「アキュラ」で登場となる。

ホンダNSXコンセプトから新型NSXの詳細を検証

 その姿が一部発表されたので、ここで公開すると共にパワーユニットなどを再検証してみたい。
本日ホンダが発表した市販モデルの写真

  

 2013年1月のデトロイトショーで市販モデルに近いNSXコンセプトが発表され、同年11月のホンダミーティング(メディア向け)でパワートレインを発表した。

  

リヤミッドにV6エンジン、その後ろにDCT+モーターを搭載。運転席下あたりにリチウム電池、その前にモーターコントロールユニットを搭載
リヤミッドにV6エンジン、その後ろにDCT+モーターを搭載。運転席下あたりにリチウム電池、その前にモーターコントロールユニットを搭載

 新型NSXが搭載するパワーユニットは3.5LV6ツインターボと3モーターのハイブリッド。
リヤミッドにV6ツインターボエンジンを搭載し、そこに発電&駆動用モーターをセットしたDCT(デュアルクラッチ)を組み合わせる。
フロントタイヤは左右それぞれに配する2このモーターで駆動。つまり、後輪はエンジンとモーター、前輪はモーターのみという4WD(SH-AWDシステム)。

024-031_11a_実画 046-049_07C_実画一見、レジェンドのパワートレインを前後逆に搭載したように思われるかもしれないが、新型NSXはエンジンを縦置き搭載。ミッションはエンジン後方と、初代モデルよりもエンジンの重心は低くなっている。

3.5LV6ツインターボ
3.5LV6ツインターボ

 さらに、エンジンはドライサンプ方式を採用することで、さらなる低重心化を実現する。
エンジンの最高出力は、おそらく500〜600ps前後。これにフロントのモーターが約100〜150ps。システム出力は650〜700psといったところか?

 来年の発表は、まさにボディとパワートレインがいよいよ合体した状態になるわけだ。
そして注目すべきは、ドイツニュルブルクリンクのタイム。市販車最速となるのか?

 WEB CARTOPでは、現地から新型NSXのさらなる情報をリアルタイムで発信する予定だ。

NP_NSX_13.11_001新型NSXコンセプトの詳細情報や歴代モデル、ライバル車などを一冊にまとめた「新車プレビュー速報vol.5・新型NSX CONCEPT」に掲載されている。

 【詳しくはこちら】

 お求めは交通タイムス社 NSX CONCEPT>>>>

画像ギャラリー