オートサロンでスズキがあの名車を復活させる

オートサロンでスズキがあの名車を復活させる

 1月9日(金)〜11日(日)に千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC」。
スズキと日産、スバルはエキサイティングなコンセプトモデルを登場させる予定だ。
今回は、その中から注目モデルをピックアップ。

  

<スズキ>

 スズキは、12月に行われたアルトの発表会場に、ターボモデル「アルト ターボRS」を展示していた。アルト以外にもターボエンジンを搭載するモデルはあるが、かつての「アルト ワークス」を彷彿させるエクステリアからは実用ターボではなくホットな走りを予感させる。

 そのアルト ターボRSをベースにした「アルト ターボRS コンセプト」を発表する。
さらにイエローやグリーンのアクティブなボディカラーとオプションを装着した「ハスラー ロードバイクスタイル」と「ハスラー アウトドアスタイル」を出品する。

<日産>

 日産は、NISMOブランドをアピールする。GT-Rを筆頭にRSへと進化したジュークNISMO、フェアレディZやノートなどラインアップ全車を展示する。
さらに2014年スーパーGT・GT500で優勝したGT-Rや新型GT-RGT3などスポーティさを強調する。
その一方で、ライダーのコンセプトモデルやカラフルなジュークなどドレスアップを楽しむ提案も満載。

<スバル>

 スバルは、「LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT」や「SUBARU XV SPORT CONCEPT」のデザインコンセプトモデル、STIパフォーマンスチューニングモデルの「LEVORG S CONCEPT」など、新しいカスタマイズを提案。

 また、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」や、スーパー GT参戦予定車の「SUBARU BRZ GT300 2015」も展示する。

東京オートサロン2015
展示車の写真は公開されなかったが、スバルブースには今年発表されたばかりのレヴォーグやレガシィ、WRXのコンセプトモデルが登場する

  

画像ギャラリー