モータースポーツ写真家が描く渾身のワンショット

モータースポーツ写真家が描く渾身のワンショット

  

 日本レース写真家協会/JRPAは、モータースポーツで活躍するマシンや選手たちが躍動するシーンを捕らえるプロのフォトグラファー集団だ。

 彼らがファインダー越しに見たその瞬間は、自動車雑誌だけでなくスポーツ誌などに掲載。
それは単なる記録ではなく、マシンの咆哮や選手たちの息づかいさえ聞こえてくるアートでもある。

【関連記事】才能はもちろん「お金」がないとなれない現実! 子どもが第二の角田裕毅を目指すにはいくらかかる?

2015 JRPA展チラシ-1

 そんなJRPAは、毎年写真展を開催している。
今年は、2014年に世界各地のレースイベントで繰り広げられたレースシーンの中から「光と影」のテーマに、独自の視点で切り取った思い入れのある渾身の作品を展示する。

 開催地は、下記の東京/大阪/名古屋のギャラリー。
彼らの作品からモータースポーツの魅力を存分に感じてほしい。

 【開催要項】

 1.東京
開催期間  2015年2月5日(木)~2月10日(火)
開催時間  10:30 ~ 18:30
会  場  キヤノンギャラリー銀座
住  所  東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング 1F

 2.大阪
開催期間  2015年2月26日(木)~3月4日(水)
開催時間  10:00 ~ 18:30
会  場  キヤノンギャラリー梅田
住  所  大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル 地下1F

 3.名古屋
開催期間  2015年4月16日(木)~4月28日(火)
開催時間  10:00 ~ 18:30
会  場  キヤノンギャラリー名古屋
住  所  名古屋市中区錦1-11-11 名古屋インターシティ 1F

※入場無料
※日曜、祭日は休館

 さらに、2005年よりJRPA会員が「その年一番のフォトジェニック」を投票で選ぶ「JRPAアワード」を行っている。
このJRPA AWARDは、記録や戦績だけではなく、むしろその競技に於いていかにフォトジェニックで、フォトグラファーの写心をくすぐる存在であるかで決定するといっている。
競技スタイルや、立ち振る舞いがフォトグラファーにとって魅力的であり、常に話題や撮影機会を提供し得る存在であり、“いかに「アツく」してくれるか”と言う視点で選ぶ賞。またフォトグラファーの取材活動に対して紳士的な協力があり、親和的に接することができているなど、それらを総合的に評価している。

 このような基準で会員フォトグラファー(64名)の投票により、2014年の「JRPAアワード」は大賞に中嶋一貴選手が選出された。

 ちなみに過去の受賞者は

 第1回(2005年)大賞:服部尚貴       特別賞:伊藤真一

 第2回(2006年)大賞:鈴鹿サーキット    特別賞:北川圭一

 第3回(2007年)大賞:ヨシムラジャパン   特別賞:大島和也

 第4回(2008年)大賞:松田次生       特別賞:石井正美

 第5回(2009年)大賞:ホンダNSX      特別賞:青山博一

 第6回(2010年)大賞:小林可夢偉     特別賞:伊藤真一

 第7回(2011年)大賞:水谷 勝       特別賞:アンドレ・ロッテラー

 第8回(2012年)大賞:中嶋一貴       特別賞:中須賀克行

 第9回 (2013年) 大賞:山本尚貴       特別賞:加賀山就臣

 (敬称略)

 日本レース写真家協会 http//www.jrpa.org

  

画像ギャラリー