レクサスGS Fが登場!RC F GT3の実走行も披露した

レクサスGS Fが登場!RC F GT3の実走行も披露した

 デトロイトモーターショー(北米国際自動車ショー)のプレスデーが現地時間1月12日からスタートし、2日目となる13日も朝から各メーカーのプレスカンファレンスが行われた。8時40分からはレクサスのカンファレンスが開催された。

【関連記事】中古車バカ上がりの時代に衝撃の「バーゲン価格」! 「即買い」ありのスポーツモデル4選

GSF
この場でアンヴェールされてたのは、GSをベースにした「GS F」。レクサスの「F」モデルのラインナップにまた1台のクルマが加わった。「走るたびに心が躍り、笑顔になるクルマ」を追求して仕上げたという。

GSF4会場には開発主査の矢口幸彦氏やレーシングドライバーの木下隆之氏も現れ、その登場を見守った。

「GS F」は、これまでのF同様、5LV8エンジン(RC Fと同じ直噴機構D-4S付となる)を搭載した4ドアセダン。その出力は348 kW/527N・mを発揮する。ボディサイズは全長4915×全幅1845×全高1440mm、ホイールベースは2850mm。トレッドは前1555/後1560mm。車両重量は1830kg。タイヤサイズは前255/35R19、後275/35R19。トランスミッションはRC Fと同様、「8-Speed SPDS(スポーツダイレクトシフト)」で、Mポジションでは最短0.1秒の変速が可能となる8速AT。なお、GS Fの発売は、2015年後半となる予定。

runningGT3また、このレクサスのプレゼンテーションでは、RC F GT3も登場した。すでにこのコンセプトモデルは、昨年のジュネーブショーでお披露目されているが、今回は初めてエキゾーストサウンドと実際に動く姿を確認できた。

LesusRacing002また、レスサスのモータースポーツ活動のために新たに「LEXUS Racing」の新ロゴマークも発表された。

GS F エンジン主要諸元(北米仕様)
総排気量(cc)最高出力(kW[PS]/r.p.m.)最大トルク(N・m[kgf・m]/r.p.m.)
2UR-GSE4,969348[473]/7,100527[53.7]/4,800~5,600

GS F 主要諸元(北米仕様)

全長(mm)4,915
全幅(mm)1,845
全高(mm)1,440
ホイールベース(mm)2,850
トレッド前/後(mm)1,555/1,560
車両重量(kg)1,830
タイヤ&ホイール255/35R19 & 19×9J
275/35R19 & 19×10J

  

画像ギャラリー