スカイライン クーペの次期型コンセプト登場!

NAIASday2北米国際自動車ショー(NAIAS 通称:デトロイトモーターショー)のプレスデー2日目は、前日の雪から一転、好天に恵まれ一段と厳しい冷え込みの中、開催となった。そして日産の海外高級ブランド、インフィニティのプレスカンファレンスは、朝8時過ぎからスタートした。

NAIASday2infinitiここで登場したのが、インフィニティの「Q60コンセプト」。登場といっても、前日にはすでにヴェールの無い状態で展示されていた車両である。にもかかわらず、このカンファレンスにも多くの関係者が詰めかけた。

Q60Q60といえば、日産ではスカイライン クーペに相当する。つまり、この2ドアクーペ・コンセプトは、次期スカイライン クーペのコンセプトというわけだ。

 現在国内のスカイラインシリーズは、V37型に進化し好調なセダンに対し、クーペはV36型のまま継続販売されている。現在このクーペは、VQ37VHR型3.7L V6エンジン(333ps/37.0kg-m)を搭載しているが、今回のコンセプトは直噴3LV6ツインターボエンジンに7速ATを組み合わせている。今回は、残念ながらエンジンルームを見ることは叶わず、だった。ちなみにボディサイズは、全長4690×全幅1865×全高1370mm。ホイールベースは2850mmとなる。

 レクサスRCとともに、このQ60は国産ラグジュアリークーペ市場のカンフル剤となるか。

画像ギャラリー