非常用電源車でEVにも充電

 1月14日(水)~16日(金)、東京お台場の東京ビッグサイトで開催されたアジア最大級のクルマの先端技術展「オートモーティブ ワールド2015」EV・HEV技術展に、特殊作業用自動車の企画・開発・販売を行なうモビリティープラスと東洋電産が、新しいトラックを出展した。

【関連記事】「未来のレース」のハズの「フォーミュラE」に暗雲! アウディ・BMWがこのタイミングで撤退を決めたワケ

MobilityPlus01

  

 モビリティープラスといえば、これまでEV用移動急速充電車「Q電丸」、急速充電機能付き車載ローダー車「Q太郎」といった車両を製作してきた。

 タイヤサービスカーの中に充電器も搭載したQ電丸は、PTO(パワーテイクオフ装置:エンジンの出力を取り出す)に大容量オルタネーター発電機を接続。エンジンの出力で発電した電気を使用してEVへ充電するトラックだ。実際にQ電丸は、全日本EVレースシリーズや、全日本ラリー選手権で国沢光宏さんが参戦していた日産リーフへの充電サービスを行ってきたトラックとしてもお馴染みだ。
今回は純粋に「災害用電源車」としての提案となる。Q電丸の進化バージョンともいえる一台だ。

MobilityPlus02MobilityPlus03

 コンクリートミキサー車等でも使われているフライホイールを使用した車両だ。Q電丸にも使っているジェネレーターPTOのほかに、フライホイールPTOを使用してさらに2基の発電機を回す。

 合計3基の発電機で荷室に搭載したリチウムイオン電池に走りながら充電ができるモデルだ。

  

MobilityPlus04MobilityPlus05また、200系ハイエースを使用したハイルーフ仕様の同様の車両も登場した。リチウムイオンバッテリーを搭載することでエンジンを停止した時でも各種サービスが可能というもの。こちらもQ電丸で実証されたシステムを使いつつ、もっと小型の車両でのサービスカーを作るということでできあがった一台。

 一例としてのタイヤサービスカーであるが、ハイエースの荷室には超低騒音型のエアコンプレッサーとエアタンク、タイヤチェンジャーとホイールバランサーを搭載。200Vおよび100Vの電動機器の電源と12?のエアを使用する移動型作業サービスカー。荷室内高さは185cmあり、余裕で車内で作業ができる上に、走行時に蓄電するため、作業のための電源やエアを使うための燃料費が掛からないというメリットがある。

 これはあくまで一例とし、理美容車、歯科往診車や小型レントゲン撮影車にも展開が可能ということだ。

画像ギャラリー