ルネサスの提案する次世代統合コクピット

ルネサスの提案する次世代統合コクピット

 1月14日~16日、東京お台場の東京ビッグサイトで開催された「オートモーティブワールド2015」のカーエレクトロニクス技術展にルネサスエレクトロニクスが出展。統合コクピットの体験デモンストレーション機を展示した。

【関連記事】「未来のレース」のハズの「フォーミュラE」に暗雲! アウディ・BMWがこのタイミングで撤退を決めたワケ

RENESAS00ルネサス エレクトロニクスは、自動車向半導体を多く手掛けている半導体メーカー。カーオーディオやカーナビといったところから、自動車制御系も含めさまざまな半導体が搭載される現在の高度化したクルマにはなくてはならない自動車用マイコンを製造している。
東日本大震災で、このルネサスの那珂工場が被災した際には、自動車の生産が軒並みストップしてしまったほどの重要なサプライヤーである。

 ブースでは燃費向上のためのソリューションや、安全性向上、メンテナンス性向上ソリューションの紹介があった。このオートモーティブワールドを見渡してもルネサスブース以外の12ものにパートナー企業ブースでルネサスの製品を見ることができた。

RENESAS01

 統合コクピットの体験デモンストレーション機は、「人に優しいインターフェース」を目指し、安全を提供するコクピットソリューションということで紹介されたもの。
そのコクピットには「フレキシビリティ/スケーラビリティ/パーソナライズ」という3つのコンセプトがあり、どのようなOS環境下でも対応可能で、エントリーカーからプレミアムクラスまで車両に関係なく対応できること。
そして年齢・性別はもちろん、健康状態や趣味に対応し、そして車両状態に対してもダイナミックな判断とリアルタイムの通知をするというコンセプトだ。大量の情報からドライバーら乗員に必要な情報をリアルタイムに的確に伝えていく。

 その次世代コクピットは、スマートフォンを統合し、メーター内の表示や新たな車両操作技術、そして自動運転技術を支えるユーザーインターフェースの提案も行っていた。

 そのデモ内容を見てみると、まずあらかじめ個人の情報を登録、この日の行先を登録してあるスマートフォンを所定の場所に置き、車内カメラからの顔画像との照合による本人認証を行なうと車両が起動する。
シフト操作はジェスチャーを読み取る方式。手をセンターコンソールにかざして「D」を選択。車両を動かし始めると、交通状況を判断し、自動ブレーキの作動などの運転支援やさまざまな注意喚起などを行っていく。
高速道路に進入すると、オートドライブモードに切り替わり、自動運転中は車内でゲームを楽しむなどして時間を過ごせる。目的地に近づき高速道路から出る段になると自動運転を終了するため、段階的に運転を促し、インターチェンジから出ることになる。そして目的地周辺の駐車場では、これまた自動で空スロットに駐車を行うというもの。

 これからますます高性能化しより高度な自動車の制御で我々の運転をサポートしてくれる車載マイコン。その縁の下の力持ちの進化も楽しみだ。

画像ギャラリー