ランクル200がダカールラリー2連覇

ランクル200がダカールラリー2連覇

 1月3〜17日に開催された「ダカールラリー2015アルゼンチン・ボリビア・チリ」にトヨタ車体のラリーチームTeam Land Cruiser TOYOTA AUTO BODY(チームランドクルーザー・トヨタオートボデー 以下TLC)がトヨタ・ランドクルーザー200をベースにしたマシンで参戦。
2年連続で市販車部門で優勝した。しかも、準優勝もチームメイトのランクル200のワン・ツーフィニッシュ。これも2年連続の快挙なのだ。

市販車部門連覇を達成したTLC1号車
市販車部門連覇を達成したTLC1号車。ドライバーは三橋淳 、ナビゲーターは ゲネック・アラン
市販車部門2位でポディウムに上がった2号車
市販車部門2位でポディウムに上がった2号車はジボン・ニコラ / 三浦 昂組

 今大会となるダカールラリー2015は、競技区間は約4600kmと2014年大会に比べ約1000km短縮されているが、難易度は高く、最高レベルの走破性と耐久性が求められるコース設定だった。

 アルゼンチンは、標高4800mのアンデス山脈をはじめとする山岳地帯とその麓の平原を舞台とし、砂利や岩など、凹凸の激しい硬い路面がマシンを痛み付ける。このようなコースで、ランドクルーザー200は柔軟な足まわりと機動力によって走破。
チリでは、世界一乾燥しているといわれるアタカマ砂漠が舞台。砂煙舞う砂丘群を超える難所だった。
DAKAR ARGENTINA-CHILE 2015ボリビアは、南米大会初となるメカニックのサポート・整備が禁止されるマラソンステージ(キャンプ地でメカニックのサポートを受けられず、ドライバーとナビゲーターが車載の部品と工具のみで車両の整備を行う)が盛り込まれた難しいコース設定。
このように過酷なコースの全13ステージを、TLCの1号車(三橋淳 / ゲネック・アラン)と2号車(ジボン・ニコラ / 三浦 昂)はすべて首位を独占。結果、市販車部門2年連続の優勝・準優勝を果たした。

 この首位独占は、世界中で認められているランドクルーザーの高い耐久性が、また改めて実証されたのである。

画像ギャラリー