光岡が481通りから選べる卑弥呼をリリース!

 光岡自動車が、Himiko(ヒミコ・卑弥呼)の2015年モデルを発表した。

【関連記事】「レトロ」な見た目でも安心して乗れる! 「パイクカー」5台が圧倒的にオシャレだった

150127_himiko03
卑弥呼は、マツダのNCロードスターをベースにホイールベースを伸ばし(2330mmから3030mm)、全長は4575mmまで伸ばした、ロングノーズ&ショートデッキのクラシック風の2シーターオープンカー。2008年に登場している。
150127_himiko01

 この卑弥呼の2015モデルは、外装色は、新色31色含む36色を設定。これに、ブラックルーフ塗装(ハードトップとドアミラーをブラック塗装仕上げ)を新設定。さらにオプション設定の2トーンラッピング(新色3色含む全6色)を組み合わせることで、外装色のバリエーションは481通りにもなる(同色のパターンを省くためこのカラーバリエーションの数になる)。

 卑弥呼2015モデルはすべて電動開閉式ハードトップを備えたATモデル。グレードは標準モデルと本革パッケージの2種類。価格は491万4000円と513万円(本革パッケージ)。15台の限定モデルとなり、発売は1月30日(金)より開始となる。

光岡ビュートも進化!

150127_viewt01また、光岡は、同時にビュートにも新グレードの設定を行った。ビュートは日産マーチをベースにクラシカルなデザインを施したコンパクトセダン。1993年に登場し、常にマーチベースのまま、k11、K12、K13とベースのマーチのモデルチェンジに合わせて、モデルチェンジを行い現在で3代目モデルとなる。

  

 今回追加された新グレードは、ビューとのベースグレード「12ST」をベースに、内外ドアハンドルをメッキにし、エアコン吹き出し口、シフトベース、フロントパワーウインドスイッチベース、ステアリング、シフトノブといった各所をシルバーで仕上げている。また、プラムカラーのエンボススエード調トリコットシート生地を採用している。価格は239万7600円。こちらも1月30日より全国一斉発売となる。

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー